2013年06月09日

やなせ祭り市民らでにぎわう 屋台や演奏など 三重・名張

名張市新町にある町なかの歴史・文化・観光交流施設「旧細川邸・やなせ宿(しゅく)」で8日、オープン5周年記念の「やなせ祭り」が開かれ、終日、多くの市民らでにぎわった。9日も開かれる。

 手作りの木製の置物の展示即売や、ワンデイレストランのシェフが腕によりをかけてつくる定食、ぶっかけ素麺(そうめん)、かき氷、特産品即売など約20の屋台が設けられた。ほかに陶器の展示即売、地域の太鼓演奏や、弓琴演奏などがあり、市民らがのんびりと1日を過ごした。

 同宿は市の登録有形文化財。江戸末期からの薬問屋だったが、昭和60年代に空き家になり細川家が市に無償提供。市が約1億円かけて土蔵などの耐震改装をし、平成20年6月にオープンした。

 辻本武久館長は「旧市街地でのんびりできるオアシスとして定着し、これまでに約10万人が訪れた。今後も名張の歴史・文化について積極的に情報発信していきたい」と話していた。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130609/mie13060902050001-n1.htm
************************************************************
三重県はまだ一度も行ったことがありません。名張市もいつか訪れてみたいものです。まあ三重県といえばまずは伊勢神宮に行って見たいものですが。


やなせ祭り
三重県祭り情報
全国祭り情報
三重県花火大会情報
全国花火大会情報


posted by kinnki2008 at 10:55| 三重県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

梅まつり:大勢の家族連れ−−四日市・南部丘陵公園 /三重

四日市市の日永地区にある南部丘陵公園で3日、梅まつりが開かれ、大勢の家族連れなどでにぎわった。

 「日永梅林・登城山」を復活させる会主催。地元有志らで99年に結成、これまでに2500本を超える紅白の梅の苗を植樹した。

 梅まつりは今回で15回目。会場では、綿菓子や団子などの出店や大正琴の演奏、踊りなどのイベントもあった。この日は肌寒かったが、梅の花もチラホラと咲き始めた。

 会によると、梅は2、3分咲き程度。今月中旬まで楽しめるという。【佐野裕】〔三重版〕
http://mainichi.jp/area/mie/news/20130304ddlk24040072000c.html
************************************************************
三重でもまだ満開ではないようですね。来週あたりが日本中で満開の所が一番多くなるのかもしれません。そういう私は府中と高尾の梅の名所を見に行く予定ですが、さて思惑どおりうまくいくでしょうか?


南部丘陵公園梅まつり
三重県滋賀県祭り情報
全国祭り情報
三重県花火大会情報
全国花火大会情報
posted by kinnki2008 at 18:14| 三重県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復興記念の「小船梅祭り」開催 熊野(三重県)

梅の名所として知られる三重県熊野市紀和町で3日、台風の豪雨災害にあった梅林で、復興を記念した「小船梅祭り」が行われた。 約650本の梅の木が立ち並ぶ熊野市の小船地区は、2011年の台風12号の豪雨で浸水被害に遭い、梅林も甚大な被害を受けた。 今年、台風被害を受けた梅林は元に戻り、枝いっぱいに奇麗な花を咲かせている。
http://news24.jp/nnn/news86212466.html
************************************************************
梅の木は強いですね。台風の被害も元に戻ったとはなによりです。


小船梅祭り
三重県滋賀県祭り情報
全国祭り情報
三重県花火大会情報
全国花火大会情報
posted by kinnki2008 at 18:10| 三重県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

上野天神秋祭、お囃子練習 地域外の子供も参加、伝統守る 三重・伊賀

伊賀市の上野天神秋祭(23日〜25日)に向けて市街地の9つの町の人々が、だんじり内で奏でる「祭りばやし」の練習に取り組んでいる。少子化の影響で鉦(かね)や太鼓を担当する子供たちが年々減るなか、他地域からの子供の応援を得て伝統を守り継いでいる。

 だんじり町のひとつ、上野小玉町では町内の小中学生がわずか4人しかいない。演奏には交代要員も含めて10人以上の子供が必要で、今年も母親が祭りに直接かかわらない地域の友人に呼びかけるなどして、男女10人ほどを集めた。

 町文化美術保存部長の池田真人さん(57)は「40年ほど前までは町内に子供がたくさんいて、女の子はだんじりに乗れなかった。約15年前から、町外の子供の協力を得なければおはやしができなくなった」と少子化の進行を説明する。

 祭りばやしの練習は、土日曜日を中心に集議所で夜間に行う。小学生は鉦、中学生は締太鼓を担当し、大人の笛の演奏に合わせて「コンチキチン」「トントン」と打ち鳴らす。「地囃子」「日和(ひより)神楽」などの祭り当日にだんじりの中で奏でる曲は数多くあり、池田さんは「祭りに詳しい町内の郷土史家の協力で祇園ばやしをアレンジした新曲を常に創作しており、だんじり町としての活性化につなげています」と胸を張る。

 練習で経験者が新人を指導するというスタイルは、町内の子供だけで行っていたころと変わりない。今年初めて参加した上野西小3年の和仁(わに)健太朗君(8)=上野伊予町=は、先輩に鉦のたたき方を教えてもらいながら「バチを滑らせるところが難しいけど、本番までに上手にたたけるようになりたい」と笑顔で話した。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/121018/mie12101802110000-n1.htm
************************************************************
少子化はお祭りの存続にも悪影響が出ているようですね。10年後20年後はどうなるのでしょうね。


上野天神秋祭
三重県祭り一覧
全国祭り情報
三重県花火大会
全国花火大会情報
posted by kinnki2008 at 09:57| 三重県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

僧兵まつり:火炎みこしのたいまつ作り−−菰野・湯の山温泉 /三重

菰野町の湯の山温泉の秋の風物詩「僧兵まつり」が10月の7、8日に行われる。地元旅館など関係者で作る実行委員会が、祭りの呼び物「火炎みこし」で使うたいまつ作りに追われている。

 鈴鹿山脈のアカマツの倒木などを使用。適当な長さに切り、束ねて芯となる角材に針金で巻き付けるなどして作る。長さ約120センチで、煩悩の数とされる108本用意する。

 僧兵まつりは、湯の山温泉にある三岳寺の僧たちが武家政治の横暴と戦った勇気と忍耐、正義感をたたえる行事で、明治初期に始まったとされる。一時途絶えたが、町民によって復活し、今年で43回目。観光客は、毎年増えているという。

 たいまつを飾り付けた火炎みこしは約600キロ。僧兵装束に身を包んだ約50人が担ぎ、8日午後8時に三岳寺を出発する。実行委は「伝統の祭りとして、守り続けていきたい」と話している。【加藤新市】
http://mainichi.jp/area/mie/news/20120923ddlk24040083000c.html
************************************************************
火炎みこしは見ごたえがありそうですね。


僧兵まつり
三重県祭り一覧
全国祭り情報
三重県花火大会
全国花火大会情報
posted by kinnki2008 at 22:21| 三重県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。