2017年01月29日

五穀豊穣願う 美保関でもち花まつり

クロモジの木を餅で飾る昔ながらの風習を復活させた「もち花まつり」が28日、島根県松江市美保関町美保関の美保神社で始まった。地元の園児らがつきたての餅で「もち花飾り」を作り、地元の商店や旅館などに配った。
 もち花飾りは五穀豊穣(ほうじょう)を願い邪気をはらうため、昭和までは全国の家庭で行われていた風習。美保関ではこの風習を後世に伝えていこうと、地元有志が昨年から旧正月に合わせて祭りを開催している。
 この日は美保関東保育所の年中・年長児29人が餅つきを楽しんだ後、クロモジの枝に細く伸ばして小さくちぎった白い餅を付けてもち花飾りが完成。子どもたちはたわわに実ったもち花の木を手に、近くの青石畳通りを配って歩いた。
 定秀美香ちゃん(5)は「作ったのは初めてだけど、上手に飾り付けできました」と喜んだ。
 2月3日までの期間中、地元の飲食店や商店ではもち花茶が振る舞われ、宿泊施設ではクロモジ香の風呂が楽しめる。美保関文化交流館図書室では、クロモジ製品やもち花飾りを作る体験コーナーを設置している。渡部ちぐみ)
https://www.nnn.co.jp/news/170129/20170129052.html
************************************************************
復活したばかりのお祭りのようですね。末永く続けてほしいものです。


もち花まつり
島根県祭り情報
全国祭り情報
島根県花火大会情報
全国花火大会情報
島根県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 15:14| 島根県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

平原柿まつり

収穫体験や多彩な催し 浜田 /島根
 西条柿の産地として知られる浜田市の平原地区で6日、「平原柿まつり」があった。今回で22回目。来場者は柿の収穫体験や種飛ばし、皮むき大会など多彩な催しを楽しんだ…
http://mainichi.jp/ch161141928i/%E5%B9%B3%E5%8E%9F%E6%9F%BF%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A
************************************************************
柿祭りは全国にどのくらいあるのかなとぐぐってみたら、結構ありました。それぞれ柿の種類が違うのかな?


平原柿まつり
島根県祭り情報
全国祭り情報
島根県花火大会情報
全国花火大会情報
島根県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 07:31| 島根県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

鉄道ファン垂涎…ローカル私鉄・一畑電車恒例「駅サイトまつり」 島根・出雲市

島根県東部のローカル私鉄・一畑電車恒例の「駅サイトまつり」が、出雲市平田町の雲州平田駅で開かれた。同社車両の“そろい踏み”をはじめ、86年ぶりとなるオリジナル新造車両の公開やグッズ販売などで、鉄道ファンや乗り物好きの子供たちを喜ばせた。

 「鉄道の日」(10月14日)にちなみ、同社が毎年開催しているファンイベント。オープニングの車両紹介では、「しまねっこ号」や「しまねっこ号II」、5000系車両などが次々と現れてホームに停止。国内最古級の名物電車「デハニ50形」や軌道自転車なども走行し、華を添えた。

 停止車両内では、来年用カレンダーなどオリジナルグッズが販売されたり、カフェスペースとなったりした。さらに、年内の路線投入が予定されている新造車両も登場。車両内が公開され、訪れた人たちが真新しいシートに座ったり運転席を見学したりして、「これが路線を走るのが、楽しみです」などと話していた。
http://www.sankei.com/west/news/161023/wst1610230040-n1.html
************************************************************
今年は体調不良のためあまり旅行できませんでしたが、来年はローカル私鉄めぐりなんかも良いですね。まずは健康にならないと。


駅サイトまつり
島根県祭り情報
全国祭り情報
島根県花火大会情報
全国花火大会情報
島根県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 10:12| 島根県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

子供たちとバスが綱引き!! 松江で「バスまつり」

バスに親しんでもらおうと「バスまつりイン松江」が19日、松江市のくにびきメッセで開かれた。大展示場内には7台の大型バスが並び、訪れた人たちはバスとの綱引きに挑んだり、記念撮影をしたりして楽しい一時を過ごした。

 「バスの日」(9月20日)にちなみ、松江市を拠点とするバス事業者の一畑バスと市交通局が開催。バスとの綱引き対決では、子供たち10人1組で重さ約10トンのバスを約10メートル引っ張る速さを競った。計7チームが挑み、23秒で優勝したメンバーたちの名前が、バスの行き先表示器に映し出された。

 また、両社だけでなく県内を走る石見交通や中国JRバスなどの車両も勢ぞろい。家族連れらが好みのバスに乗り込んで運転席に座ったり、一緒に写真を撮ったりしていた。

 このほか、ハンドルや降車ボタン、方向幕など、不要になったバス部品の販売も行われ、マニアたちが掘り出し物を見つけては買い求めていた。
http://www.sankei.com/west/news/160920/wst1609200028-n1.html
************************************************************
バスマニアってどのくらいいるのでしょうね。鉄道マニアはよくテレビに出ていますが、バスマニアはあまりめにしませんが。そういいながら私も旅行のたびにバスの写真を撮っていますが。もしかして私はバスマニア。


バスまつりイン松江
島根県祭り情報
全国祭り情報
島根県花火大会情報
全国花火大会情報
島根県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 09:57| 島根県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

石見 : 雨乞い竜乱舞 吉賀・水源祭り

島根県吉賀、津和野両町と益田市を流れる高津川の水源・大蛇ケ池(だいじゃがいけ)(島根県吉賀町田野原)で19日、水源祭りがあり、伝統の雨乞い神事が営まれた。わらでできた約10メートルの巨大な竜を担いだ男衆が池に飛び込み、勢いよく竜を乱舞させた。

 池には、スサノオノミコトに討たれたヤマタノオロチの霊がすみ着いたとされ、干ばつに襲われた際、わらの竜を池に入れて雨乞いすると、たちまち雨が降ったという。古くから行われ、1939年を最後に途絶えていたが、雨乞い神事保存会(大庭次男会長)が92年に復活させた。

 同会メンバーと、地元の吉賀町立蔵木中学校の生徒計16人が竜を担いで池に突入し、雄たけびを上げながら豪快に竜を動かし、見物客を魅了した。最後は願いが届くよう、池のほとりにそびえる高さ約20メートルの一本杉に竜を巻き付けた。

 初めて担いだ同校2年の椿武士さん(13)は「竜はとても重かったが、意識して動き、迫力が出せた」と充実感に浸った。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=559687248
************************************************************
伝統の雨乞い神事、こういう神事は未来に引き継いでほしいものです。でも高齢化等で毎年消えていっているのでしょうね。


水源祭り
島根県祭り情報
全国祭り情報
島根県花火大会情報
全国花火大会情報
島根県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 09:34| 島根県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。