2016年11月19日

近江屋のラーメン今年も 御前崎大産業まつりで復活

御前崎市商工会は、27日に同市内で行われる大産業まつり(市イベント実行委員会主催)で、惜しまれながら2003年に閉店した同市のそば店「近江屋」のラーメンを今年も復活させる。関係者が味の調整を進めている。
 近江屋のラーメンは昆布やサバ、イワシでだしを取った魚介系の味で、半世紀以上市民に親しまれた。復活を求める声に押され、同会が13年度の同祭りで初めて再現した。好評で毎年提供している。
 17日、同会で試食会を開き、商業部会のメンバー約10人が実際に作り、火加減や味を確かめた。近江屋の店主広田新治さん(故人)の妻昭江さん(82)も参加し味わった。
 昭江さんは「おいしい。毎年作っていただいて主人も喜んでいると思う」と話した。
 同祭りでは約450食を振る舞う。同部会の黒田典男部会長は「たくさんの人に食べてもらって、当時を懐かしんでもらえたらうれしい」と意気込んでいる。
http://www.at-s.com/news/article/local/west/302967.html
************************************************************
産業まつりではラーメンも食べられるんですね。たまには産業まつりも見に行ってみるかな。


御前崎市大産業まつり
静岡県祭り情報
全国祭り情報
静岡県花火大会情報
全国花火大会情報
静岡県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 11:16| 静岡県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

迫力演武「駿府鉄炮衆」 富士宮、信長公黄葉まつり

織田信長の首塚伝説が残る富士宮市西山の富士山西山本門寺で13日、信長公黄葉まつり(市、同実行委員会主催)が開かれた。火縄銃演武や武者行列などが繰り広げられ、来場者は安土桃山の時代絵巻に酔いしれた。
 信長や妻の農姫らに扮(ふん)した行列では、甲冑(かっちゅう)や着物に身を包んだ小中学生ら約400人が境内を勇壮に練り歩いた。地元の少年剣道クラブによる野試合も行われ、織田軍と武田軍に分かれて戦った。
 最大の見せ場は、富士、富士宮市の愛好家でつくる「駿府鉄炮衆」の12人による火縄銃演武。「放て」の号令で次々と銃口から火が噴き、大きなさく裂音が鳴り響いた。参道には信長夢の食街道と銘打ち、市内外のご当地グルメが多数並んだ。
 一説には、1582年に本能寺の変で没した信長の首は同寺に運ばれたとされ、本堂裏の首塚では供養祭が営まれた。
http://www.at-s.com/news/article/local/east/301572.html
************************************************************
400人の武者行列は結構多いですね。一番人数の多い武者行列はどこのお祭りなんでしょう?


信長公黄葉まつり
静岡県祭り情報
全国祭り情報
静岡県花火大会情報
全国花火大会情報
静岡県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 09:41| 静岡県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

浜松餃子まつり2016

浜松市のアクト通りで、11月12日と13日に全国各地の餃子が味わえる「浜松餃子&全国餃子市」を開催します。
浜松市内から20店舗、全国から10店舗、総勢30店舗の餃子店が浜松に集結!!過去最大級の規模です。食べてみたかったあの餃子もこの餃子もここで食べられます。
全国初の餃子バンド「スペシャオ餃子BAND」のライブやキャラクターショーなど、多彩なステージイベントも会場を盛り上げます。
もちろん、浜松餃子のキャラクター「(R)ちゃお」も登場します。 
餃子ファンも、これから餃子ファンになる方も、2日間たっぷりおいしい餃子を味わえるこのイベントに、ぜひ出かけてみてください。
http://www.at-s.com/event/article/flavor/117569.html
************************************************************
食べ比べをしてみたいものですが、1皿ずつだと無理なので、1個ずつ10種類入りのセットなんてあったら食べてみたいものですね。すでにあるのかな?なかったらぜひ作ってほしい。


浜松餃子まつり
静岡県祭り情報
全国祭り情報
静岡県花火大会情報
全国花火大会情報
静岡県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 10:10| 静岡県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

舞児還しで盛大に締め 森のまつり

森町中心部で開かれていた「森のまつり」は6日、熱気に包まれたまま幕を閉じた。3日間の祭典は、神社で舞を奉納した舞児(まいこ)を祭り屋台に乗せ、自宅などに送り届ける「舞児還(がえ)し」で盛大に締めくくられた。
 町中心部の祭り屋台14台は同日夕、宮仕えした舞児を迎えに三島神社(森町森)に集結した。若衆が舞児を担いで屋台に乗せると、盛り上がりは最高潮に達した。にぎやかなおはやしと掛け声に合わせて勇壮に屋台を引き回し、それぞれの地区へと向かった。
 遠州を代表する秋祭りのフィナーレを一目見ようと、沿道は多くの見物人で埋め尽くされた。
 森のまつりは三島神社の祭礼として古くから行われ、屋台の引き回しは江戸時代に始まったとされる。
http://www.at-s.com/news/article/local/west/299046.html
************************************************************
森町にはまだ行ったことがありません。これからも行く機会があるかな?


森の祭り
静岡県祭り情報
全国祭り情報
静岡県花火大会情報
全国花火大会情報
静岡県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 18:23| 静岡県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜名湖うなぎ 魅力堪能 浜松・西区でまつり

浜松の地域資源である「浜名湖うなぎ」をPRする「第16回浜名湖うなぎまつり」(実行委など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が6日、浜松市西区の浜名湖ガーデンパークで開かれた。初めて企画された「うなぎ丼販売会」などが好評を博した。
 うなぎ丼には整理券を求めて250人以上が列をつくり、用意した500食はすぐに完売した。ごはんの上に地元飲食店の職人が会場で焼き上げた熱々のうなぎが乗せられ、購入者はふっくらとした身に舌鼓を打った。東区から夫婦で訪れた男性(59)は「香ばしくてとてもおいしい」と笑顔で頬張った。
 長さ50メートルの長巻きずし作りには親子ら約80人が参加した。100匹のウナギを使ったまぜご飯をのりで丁寧に包んだ。ウナギと浜名湖生息魚のミニ水族館やつかみ取りのイベントも人気を集め、来場者は五感で浜名湖うなぎの魅力を堪能した。
http://www.at-s.com/news/article/local/west/299047.html
************************************************************
春に浜松に行った際には、うなぎを食べ損ねましたので、次回は必ず食べようと思います。そういえば今年はまだ一度もうなぎを食べていないような。最近高くなったのと糖質制限をしているので食べられません。


浜名湖うなぎまつり
静岡県祭り情報
全国祭り情報
静岡県花火大会情報
全国花火大会情報
静岡県バラ園情報

posted by kinnki2008 at 17:34| 静岡県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。