2017年02月06日

かまくら、雪国の風情 奥飛騨温泉郷で「まつり」

高山市奥飛騨温泉郷の冬の風物詩「中尾かまくらまつり」が、同温泉郷中尾のイベント広場で開かれている。いろりやバーなどが楽しめる大小7基のかまくらが設置され、大勢の観光客らでにぎわっている。14日まで。

 冬の呼び物として中尾観光組合が実施し、今年で21回目。先月中旬の大雪で例年以上の雪となり、組合員らが高さ4、5メートルのかまくらと滑り台を作った。

 会場には、地酒やホットワインが楽しめるバーや暖を取るいろりを備えたかまくらのほか、クマ汁や温泉卵が食べられる飲食コーナーや風雪をしのぐ蓑(みの)の「ばんどり」を着て撮影する記念写真コーナー、子どもたちに人気の滑り台が設置された。週末には獅子舞も披露された。外国人の姿も目立ち、多くの観光客が雪国ならではの風情を楽しんでいた。
http://www.gifu-np.co.jp/hot/20170206/201702060818_11003.shtml
************************************************************
他では雪不足のところもあるようですが、高山では問題ないようですね。


中尾かまくらまつり
岐阜県祭り情報
全国祭り情報
岐阜県花火大会情報
全国花火大会情報
岐阜県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 16:34| 岐阜県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火渡りで「苦を乗り越える」 大野の来振寺「星まつり」

大野町無形民俗文化財に指定されている「節分星まつり」が五日、同町稲富の来振(きぶり)寺であり、参拝客が伝統の火渡りで厄よけと招福を願った。

 山伏の姿をした町民らは魔払いをした後、ヒノキの薪を重ねた高さ一メートルほどの護摩檀(だん)に点火。火勢が弱まると護摩檀を崩し、「苦を乗り越える」にちなんで長さ九メートルの道場を作った。参拝客は、火がくすぶる薪の上を熱さをこらえながら素足で歩いた。

 家族四人で訪れた同町西小四年の前野晴加さん(10)は「足よりも顔の方が熱かった。家族の健康をお願いした」と話していた。

 まつりでは福を呼ぶ豆まきもあった。 (広田和也)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170206/CK2017020602000029.html
************************************************************
薪の上を素足で歩くなんてとても私にはできそうもありませんが、一度は試してみたい気もしますね。


来振寺 節分星まつり
岐阜県祭り情報
全国祭り情報
岐阜県花火大会情報
全国花火大会情報
岐阜県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 15:31| 岐阜県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

田楽の伝統受け継ぐ祭り前に花がさ作り 岐阜 下呂

岐阜県下呂市で、ことしの豊作を祈る「田の神祭り」を前に、祭りで使う花がさ作りが行われました。
田の神祭りは、下呂市の森水無八幡神社で毎年2月14日に行われる豊作を祈る祭りで、中世以来の田楽の伝統を受け継いでいるとして、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
祭りでは、花がさを持った踊り子たちが組ごとに優雅な舞を奉納することになっていて、5日は、4つある組のうち3つの組で花がさ作りが行われました。作業では、竹で編んだ笠に紅白や黄色の和紙を丁寧いに貼りつけていきます。
飾りつけられた花がさには、稲や蚕が丈夫に育つようにという願いが込められているということです。
宮本笠組の奥田一成さんは「いよいよ祭り本番が近づき、みんなで力を合わせて作っていますが、祭りの当日がいい天気であることを祈っています」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170205/k10010865591000.html
************************************************************
豊作を祈る祭りは全国各地で行われているのでしょうね。ほかにどんなお祭りがあるのでしょう。と思ってぐぐってみたら祈年祭という旧暦二月四日に宮中で五穀の豊作を祈る神事があるようです。

田の神祭り
岐阜県祭り情報
全国祭り情報
岐阜県花火大会情報
全国花火大会情報
岐阜県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 17:20| 岐阜県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

安八百梅園 「春の気配」 12日から梅まつり /岐阜

梅の名所として知られる安八町外善光の「安八百梅園」の梅の花が咲き始め、春の訪れを告げている。

 同園は、町の中心部を流れる中須川沿いに1998年に開園。約3・9ヘクタールの敷地内には、1月下旬から咲き始める「寒紅梅」「月の桂」や、3月下旬まで楽しめる「開運梅」など約100種1200本以上の梅の木が植えられている。

 同園では今月12日から梅まつりが始まり、3月12日まで盆梅展や町特産品の販売などが行われる。同5日には園遊会やハイキングなどが開催される。【渡辺隆文】
https://mainichi.jp/articles/20170204/ddl/k21/040/109000c
************************************************************
102種の梅の写真を撮りに行ってみるかな。今年の春は岐阜旅行でスタート。


安八梅まつり
岐阜県祭り情報
全国祭り情報
岐阜県花火大会情報
全国花火大会情報
岐阜県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 21:41| 岐阜県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

花染め、春は着々と 美濃まつりへ和紙染色

4月に岐阜県美濃市で行われる美濃まつりで市内中心部を練る花みこしに飾る美濃和紙の染色作業「花染め」が同市上条の双葉紙業で終盤を迎え、乾燥中の和紙で作業場は一足早く“春満開”を迎えている。

 同社は美濃まつりだけでなく、関市武芸川町の花馬まつりや下呂市の祭りなどに使う和紙を桜色に染色しており、2月中旬までに約300万枚を用意する。

 昨年10月から始まった作業では、後藤早智子さん(63)が縦12センチ、横9センチに切った和紙の四隅を千枚ずつ染料に浸し、針金に通して天井につるしている。最大約21万6千枚の和紙で天井が桜色に染まる。後藤さんは「干すのが一番大変」と話し、乾燥具合を確認していた。今年の美濃まつりは4月8、9日に行われ、初日に花みこしが出る。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170119/201701190750_28835.shtml
********************************
今年はピーク時には毎週のように旅行したいと考えていますので、美濃まつりも旅行の候補に入れておきたいと思います。花みこしを見てみたいからなのですが、さてどうなるかな。


美濃まつり
岐阜県祭り情報
全国祭り情報
岐阜県花火大会情報
全国花火大会情報
岐阜県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 14:49| 岐阜県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。