2016年09月26日

厨漁港で「さかなまつり」 越前町、25日まで

「越前さかなまつり」が二十四日、越前町厨(くりや)漁港で始まった=写真。新鮮な魚介類を買い求める家族連れらでにぎわった。二十五日まで。

 ハタハタやメバル、タコなどの海産物が並ぶ「地魚大漁市」や町内で採れた野菜やコメを販売する「収穫市」を展開。その場で海産物を調理する店もあり、バイ貝のつぼ焼きや焼きイカのおいしそうな香りに誘われて、来場者が店の前で列をつくった。

 ハマチのつかみ捕り(一人五百円)や漁船乗船体験(同)もあり、人気を集めた。商品価値の低い「未利用魚」を使ったコロッケ作りでは、食べ物を粗末にしない大切さを訴えた。 (山口育江)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20160925/CK2016092502000005.html
************************************************************
ハマチのつかみ捕りは面白そうです。捕ったものは持って帰られるのかな?


越前さかなまつり
福井県祭り情報
全国祭り情報
福井県花火大会情報
全国花火大会情報
福井県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 12:14| 福井県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

古式ゆかしく人々練る 敦賀まつり2日目 

気比神宮例大祭(四日)に合わせ、敦賀市中心部で繰り広げられる「敦賀まつり」二日目の三日は、神宮のご神体仲哀天皇を祭ったみこしが巡る「御鳳輦(ほうれん)巡幸」や「神輿渡御(みこしとぎょ)」があった。恒例のカーニバル大行進もあり、観光客らは思い思いに楽しんだ。

 午前九時すぎ。晴れ渡った空の下、神馬にまたがった神職や白装束姿の氏子ら約二百五十人が出発した。太鼓やかね、雅楽の調べが響く中、市内をゆっくりと歩いた。古式ゆかしい行列に、見物客は興味津々で見入っていた。

 各地区の子どもや大人のみこし計十七基が参加する神輿渡御。午後一時ごろの出発式には、神宮の大鳥居前に元、川崎、蓬莱(ほうらい)、松栄の四町の大人みこしが勢ぞろい。

 地元のNPO法人「つるがみこしの会」の竹中善一会長理事(57)が「一人一人の力で敦賀を元気にしよう」と力強く話し、出発の合図をした。四基は、大鳥居前の交差点で威勢良く練った後、そろいの法被姿でみこしを担ぎ「わっしょい、わっしょい」と声を上げながら繰り出した。

 カーニバル大行進では、三十二団体約千六百五十人が参加。会場の神楽一丁目通りや相生町通りが、熱気に包まれた。

 最終日の四日は、豪華な山車六基による「山車巡行」や民謡踊りの夕べが行われる。 (古根村進然)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20160904/CK2016090402000015.html
************************************************************
仲哀天皇って誰?ググってみたら第14代天皇のようです。敦賀とどういうつながりがあるのでしょうね。


敦賀まつり(氣比神宮例大祭)
福井県祭り情報
全国祭り情報
福井県花火大会情報
全国花火大会情報
福井県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 14:39| 福井県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

待ち遠しい巡行の日 敦賀まつりへ山車組み立て

敦賀市で九月二〜四日にある敦賀まつりで、市内を巡行する山車(やま)の組み立てが二十八日、相生町のみなとつるが山車会館であった。

 四日に巡行する六基のうち、三基はこの会館に展示されている。この日は市民七十人が残りの三基を組み立てた。山車の舞台によろいを着せた武者人形を持ち上げ、近くに旗を設置。側面には色鮮やかな水引幕を取り付けた。武者人形は関ケ原の戦いや大坂冬の陣など戦国時代の名場面を表現。NHK大河ドラマ「真田丸」に登場する敦賀城主の大谷吉継を模した人形もある。

 つるがの山車保存会の堂田英治会長(67)は「絢爛(けんらん)豪華な山車を多くの人に見に来てほしい」と、巡行が待ち遠しそうだった。 (米田怜央)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20160829/CK2016082902000021.html
************************************************************
絢爛豪華な山車と聞くとぜひ見てみたくなりますね。敦賀には一度行ったことがありますが、今度はこの敦賀まつりの時期に行きたいものです。


敦賀まつり
福井県祭り情報
全国祭り情報
福井県花火大会情報
全国花火大会情報
福井県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 09:37| 福井県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

夏の夜の夢、県都輝く フェニックスまつり開幕

福井市の真夏の祭典「福井フェニックスまつり」が五日、市中心部で開幕した。初日は「福井フェニックス花火」が足羽川木田橋上流であり、過去最多の一万発が夜空を染めた。

 リオデジャネイロ五輪開会式での聖火の点火風景をイメージした仕掛け花火でスタート。音楽とともに連発花火「スターマイン」がいくつもの大輪の花を咲かせ、創作花火がハートや星の形を描き出した。

 フィナーレは恒例のナイアガラ。幅三百メートル、高さ四メートルの巨大な「滝」が赤や青など四色の光を放ち、観衆を沸かせた。

 六日は午後二時半から市中心部のフェニックス通りで「民踊・YOSAKOI(ヨサコイ)イッチョライ」があり、七日は午後五時から市営競輪場で「100万人のためのマーチング」が催される。 (北原愛)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20160806/CK2016080602000030.html
************************************************************
幅三百メートルのナイアガラは見ごたえありそうですね。日本最大のナイアガラはどこの花火大会なのでしょう。と思って調べてみたら有明海花火フェスタのナイアガラは3kmもあるようです。


福井フェニックスまつり
福井県祭り情報
全国祭り情報
福井県花火大会情報
全国花火大会情報
福井県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 14:30| 福井県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

心機一転新組織、みこし勇ましく ふくい祇園まつり

福井市木田地区を中心に続いた「福井祇園祭」が二十四日、新たに「ふくい祇園まつり」に表記を変えて営まれた。これまでの運営母体が解散し、新たに結成した有志による組織が祭りを引き継いだ。地域住民ら約五十人が、みこしと山車を引きながら木田神社までの六キロ余りを練り歩いた。

 祭りは京都の祇園祭を参考に、一六七五年に福井藩主の松平昌親が始めたとされ、木田神社などで営まれてきた。戦後は一時期途絶えていた。一九九五年に「橋南地区伝統文化を継承する会」が復活させたが、今年、都合により同会が解散。祭りの存続を危ぶんだ有志が「ふくい祇園まつり振興会」を結成し、存続させていくことにした。

 この日は木田、社南、豊(みのり)の三地区がそれぞれ造った山車を木田公民館、カルチャーパーク(月見五)、江守の里公民館から同時に出発させ、木田神社に集合する新しい取り組みを披露した。

 振興会の堀田達也会長は「ふくい祇園まつりを福井市南部の夏の風物詩として発展させていきたい」と意気込んでいた。 (藤共生)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20160725/CK2016072502000013.html
************************************************************
1995年に復活、今年解散、それを継続させるために融資が集まって番場っているお祭りと聞くと応援したくなりますね。金銭面については文化庁からお祭りに対して補助金等をふやしてほしいものです。お祭りは日本の財産なので失われたらもとに戻すのは大変なのですから


ふくい祇園まつり
福井県祭り情報
全国祭り情報
福井県花火大会情報
全国花火大会情報
福井県バラ園情報

posted by kinnki2008 at 10:43| 福井県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。