2016年09月09日

角館祭りのやま行事 安全に、勇壮に「山ぶっつけ」 昨年1人死亡、再発防止策講じ 関係者ら祈り奔走 /秋田

安全に、でも勇壮に−−。仙北市角館町に伝わる国の重要無形民俗文化財「角館祭りのやま行事」(通称・角館のお祭り)は8日、曳山(ひきやま)同士がぶつかり合う「山ぶっつけ」が始まった。昨年は、曳山に挟まれた参加者1人が命を落とす事態に。関係者は再発防止策を講じ、この日も奔走した。雨の中、参加者も観光客も、祭りの無事と盛り上がりを祈りながら没頭した。10日未明にかけ、祭りは最高潮に達する。【山本康介】
http://mainichi.jp/articles/20160909/ddl/k05/040/015000c
************************************************************
お祭りで事故はできる限り防ぐことが大事ですね。他のお祭りでもこれまで事故が起きていなくても、常に事故の危険性はあるだけに事故防止策を毎年更新し続けることが必要です。大阪の各地で行われているだんじり祭りなんかも、結構危なく感じます。


角館のお祭り
秋田県祭り情報
全国祭り情報
秋田県花火大会情報
全国花火大会情報
秋田県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 16:54| 秋田県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

光の稲穂が夜空染める 秋田竿灯まつり始まる

東北を代表する夏祭りの一つ「竿灯まつり」が3日、秋田市で始まった。「ドッコイショー」の掛け声が響く中、竹ざおにちょうちんをつるして稲穂に見立てた280本の竿灯が、夜空と街を金色に染めた。

 280本の竿灯は過去最多。大きなもので高さ12メートル、重さ50キロの竿灯を、「差し手」と呼ばれる男衆がバランスを取りながら高々と上げた。巨大な光の稲穂を腰や額で支える差し手の妙技に、観客からは大きな拍手が湧いた。

 秋田市内で開幕した「竿灯まつり」で、稲穂のように揺れる竿灯=3日夜
 埼玉県から家族6人で来た無職桑村邦子さん(62)は「大通りに光があふれていてすごくきれい。予想以上に迫力もあって、倒れてこないかひやひやしながら見ている」と笑顔で話した。
 竿灯まつりは五穀豊穣を祈願し、邪気を払う行事「ねぶり流し」が起源で、260年以上続くとされる。
 秋田市は6日までの期間中、約140万人の人出を見込んでいる。
http://www.sankei.com/photo/story/news/160803/sty1608030015-n1.html
************************************************************
夏祭りも本番ですね。各地で盛大な夏祭りが開催されています。今年は体調不良なので夏祭りを見に行けませんが、来年はこの時期夏祭り旅行をしたいものです。1週間くらい東北の夏祭り行脚ができると良いのですが。


竿灯まつり
秋田県祭り情報
全国祭り情報
秋田県花火大会情報
全国花火大会情報
秋田県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 12:20| 秋田県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

<竿燈まつり>3世代で大若差し手 出番待つ

3日に開幕する秋田市の竿燈まつりで、67歳の祖父を筆頭に3世代そろって竿燈を空にかざす「差し手」の一家が出番を待つ。市竿燈会によると、差し手で3世代現役というのは他にいない。6日までの晴れ舞台で、7月から練習を重ねて磨いた技を披露する。
 3世代で出場するのは、大工の古屋清正さん(67)=秋田市茨島=、次男で市職員の定治さん(37)=同市川元小川町=、定治さんの長男で市山王中2年の脩斗さん(13)。約70人いる保戸野鉄砲町竿燈会の一員として活動している。
 竿燈は大きさが4種類ある。最も小さい「幼若」は高さ5メートルで重さ5キロ。「小若」は7メートル、15キロ、「中若」は9メートル、30キロ。祭りの主役は「大若」で、高さ12メートル、重さは50キロもある。保戸野鉄砲町竿燈会は中若を除く3種類で本番に臨む。
 清正さんは大工の見習いだった15歳で竿燈と出合い、差し手の経験を積んできた。30代半ばからは大工の腕を生かし、竿燈本体の親竹に継ぎ足す「継ぎ竹」作りなども担っている。
 高さと重さがある大若はバランスを取るのが難しい。差し手の腕の見せどころで、清正さんも「高々とかざして自由自在に操るのが竿燈の魅力」と話す。
 一方で、年齢による衰えが忍び寄る。「視力が落ちた。竿燈はバランスが崩れると先端が流れていく。それが分からなくなってきた」とこぼす。
 それでも、周囲からは「若者に交じって練習しているのはすごい」と感嘆の声が上がる。大若を操る定治さんも「小さい頃から技を間近で見てきた。一番おっかないが尊敬している」と話す。
 清正さんによると、差し手にとって大切なのは、その地区に伝わる伝統の形を受け継ぐこと。「ただ持ち上げればいいというわけではない。見た目が大切なんだ」と言い切る。
 清正さんの夢は、3世代で大若を掲げることだ。小若を操る脩斗さんは来年から大若に挑む予定で、近い将来、夢は実現しそうだ。
 「不安もあるけれど、祖父や父に聞きながら学んでいきたい」と脩斗さん。清正さんは「これから鍛えなければ。70歳までやるよ」とまだまだ意気軒高だ。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201608/20160803_43004.html
************************************************************
お祭りはいつも気軽に見ていますが、お祭りの裏方の皆さんがお祭りのために日々努力しているということをふまえて、感謝の気持ちを持つ必要がありますね。いつも楽しいお祭りを見させていただいてありがとうございます。


秋田竿燈まつり
秋田県祭り情報
全国祭り情報
秋田県花火大会情報
全国花火大会情報
秋田県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 09:34| 秋田県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

秋田県が出現率アップ 竿燈まつり期間中、呼び寄せる「ルアー」継続使用

秋田県は、秋田市で8月3〜6日に開かれる秋田竿燈(かんとう)まつりの期間中、県庁周辺でスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」のポケモン出現率をアップさせる。自治体がこうした取り組みを行うのは珍しい。

 ポケモンGOや、そのベースとなった「イングレス」などスマホの位置情報を利用したゲームによる観光誘客を探る「秋田イングレス活用研究会」(小林秀樹代表)が委託を受けて実施する。

 研究会のメンバーが自分のスマホで、ポケモンを引き寄せるアイテム「ルアーモジュール」を継続的に使う。県庁敷地内の山王遊歩道や県庁近くの山王第2街区公園などを予定しているという。

 期間中は午後1時〜8時半ごろ(6日は午後3時から)に県庁第2庁舎1階に特設ブースを設置。位置情報ゲーム利用状況などのアンケート調査を行い、特製携帯電話クリーナーをプレゼントする。

 県観光戦略課は「ポケモンの出現率を高める場所は車が通らず、歩行者の少ない場所に限定する。くれぐれも歩きスマホはやめてほしい」と呼び掛けている。
http://www.sankei.com/life/news/160729/lif1607290028-n1.html
************************************************************
秋田県はフットワークが良いですね。ポケモンGOを集客ツールに活かそうという試みをはじめるとはたいしたものです。うまくいくかはともかくこうやってニュースにとりあげられることですでに成功と言えるでしょう。二番煎じだとニュースにはならないですから。
さて思惑通り効果が上がるかな?そもそもすでにピークは過ぎてブームは終息に向かうのでしょうから、1か月後には一気に目が覚めるのでしょうけど。でも一部のファンたちは1年後もやり続けるでしょうから、今後のマーケティングはそういう層をターゲットに考えるべきでしょうね。


秋田竿燈まつり
秋田県祭り情報
全国祭り情報
秋田県花火大会情報
全国花火大会情報
秋田県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 08:56| 秋田県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

<土崎港曳山まつり>夏到来告げるジョヤサ

勇壮な山車が港町を練り歩く「土崎港曳山(ひきやま)まつり」が20日、秋田市土崎港地区で開幕した。参加者は「ジョヤサ、ジョヤサ」と威勢よく掛け声を響かせながら、22台の曳山を土崎港の鎮守である土崎神明社に奉納した。
 曳山は地区の町内会が制作した木製の山車で、高さ4.5メートル、長さ8メートル。武者人形や、世相を五七五で詠んだ「見返し」が飾られている。
 今年は、「讃岐より稲庭よりも販売機」などと、地域で長年親しまれているうどんとそばの自動販売機を題材にしたユーモアある見返しが見物客を楽しませた。
 祭りは国指定重要無形民俗文化財で、江戸時代中期ごろに始まったとされる。毎年参加しているという同市土崎港の解体業沼沢晶さん(50)は「200年先も続く祭りになるよう、頑張っていくことが自分たちの役目だ」と話した。
 21日は午前9時から「例大祭」がある。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160721_45004.html
************************************************************
うどんとそばの自動販売機があるとはびっくりです。食べてみたいものです。秋田にはこれまで一度行ったことがあったかな?


土崎港曳山まつり
秋田県祭り情報
全国祭り情報
秋田県花火大会情報
全国花火大会情報
秋田県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 14:33| 秋田県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。