2016年09月12日

高値続く中 気仙沼でサンマまつり(宮城県)

気仙沼の物産を集めた「海の市」が開催するサンマまつりは今年が3回目。目玉は無料で振る舞われる炭火焼きのサンマで気仙沼港に水揚げされたサンマ2000尾が特製の焼き台の上で次々と焼かれ訪れた人たちは行列をして旬の味覚を楽しんだ。        今年のサンマは南下が遅い影響で水揚げが少ないことなどから価格は例年の2、3倍ということだが販売コーナーでは生のサンマが15尾入り一箱2000円で販売されこちらも人気を集めていた。
http://www.news24.jp/nnn/news8737217.html
************************************************************
震災で気仙沼港が被害を受けていたのをテレビで見ていましたので、どのくらい復興を遂げているのか見に行きたいものです。でもなかなか行く機会がありません。


気仙沼海の市サンマまつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報




posted by kinnki2008 at 10:52| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

全国こけし祭りきょう開幕 大崎・鳴子

第62回全国こけし祭りが3、4の両日、宮城県大崎市鳴子温泉の鳴子小体育館をメイン会場に開かれる。開幕に先立ち、コンクールの審査が1、2日にあり、入賞作品32点が決まった。
 東北6県を中心に74人の工人から計278点の応募があった。最高賞の文部科学大臣賞(全国こけし祭り会長賞)には福島市の土湯系工人、阿部国敏さん(43)、河北新報社賞には新庄市の鳴子系工人、小林繁男さん(62)の各作品が選ばれた。
 阿部さんは初受賞。作品は「表情の凝縮度が申し分なく、大きめの頭部から胴体への流れる展開も美しい」と評価された。
 祭りでは、全国から寄せられたこけし約3000点を展示、即売する。鳴子漆器展も同時開催する。コンクールの主な入賞者は次の通り。(敬称略)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160903_13048.html
************************************************************
3000点を展示、即売ってすごいですね。3000点をすべてみるだけでかなりの時間がかかりそうです。


そら豆まつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 15:07| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいしさ申し分ナシ 蔵王・梨まつり

宮城県内一のナシ産地として知られる蔵王町で3日、新鮮なナシを即売する「第4回みやぎ蔵王梨まつり」(実行委員会主催)が始まった。4日まで。
 主会場のございんホール駐車場にはナシ農家11戸がテントを設け、わせの主力品種「幸水」を中心に市価より2〜3割安く販売。店頭で試食した客は「シャキシャキして甘い」「爽やかでおいしい」などと話しながら買い求めていた。
 町によると、町内のナシの栽培面積は約75ヘクタールで、10月中旬まで約1500トンの収穫を見込む。幸水の出荷量は病害で昨年より4割減だが、今後本格化する「豊水」「あきづき」「新高」は例年並み。品質はいずれも問題ないという。
 4日は午前9時から午後3時まで。町内のナシ農家や産直市場約20カ所でも直売される。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160904_15003.html
************************************************************
梨といえば私の住んでいる千葉県も名産地なのに、千葉県内には梨まつりがないような。何故梨まつりをしないのでしょうね。どうなってるの?森田県知事。


蔵王梨まつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 14:19| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<曼珠沙華まつり>本番前に地元有志がごみ拾い

宮城県柴田町の船岡城址公園で「しばた曼珠沙華(まんじゅしゃげ)まつり」が10日に始まるのを前に、地元住民の有志が2日、公園内でごみ拾いをした。
 曼珠沙華の植栽や手入れを続けている町内の団体「さくらウオーカーズ」のメンバー4人が参加。空き缶や木の枝を次々と拾い、ビニール袋に入れた。会長の庄子和彦さん(69)は「きれいな公園で花見を楽しんでもらいたい」と話す。
 まつりは10月2日まで。町と町観光物産協会が主催し、4回目。約15万本が園内を深紅に染め上げる。連絡先は町商工観光課0224(55)2123。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160903_15060.html
************************************************************
15万本の曼珠沙華、見てみたいですね。ちなみに曼珠沙華日本一はどこなのでしょう?と思って調べてみたら埼玉県日高市の巾着田の曼珠沙華の群生ようです。なんとその数500万本。


しばた曼珠沙華まつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 12:29| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

<栗原市民まつり>味覚と郷土芸能を堪能

栗原市の味覚と郷土芸能を集めた「栗原市民まつり」が8月27日、同市のイオンスーパーセンター栗原志波姫店特設会場で開催された。市と地元商工会などでつくる実行委員会の主催で、約4万人が来場し、食べ歩きやステージ発表を楽しんだ。
 地元飲食店や青果店など約120のブースが並んだ。イワナや餅といった特産品のほか、東京・銀座でフランス料理店を営む同市栗駒出身の坂田幹靖さんが栗原の食材で作ったハヤシライスも提供され、多くの家族連れが舌鼓を打った。
 特設ステージでは、一関市や岩手県平泉町など近隣自治体の神楽チームが演舞を披露。イスラエルの企業が所有する高性能ドローンで撮影した伊豆沼上空の映像も大型スクリーンで映され、観客の目を引いた。
 栗原市栗駒のパート高橋幸子さん(62)は「活気があって楽しかった。出店でいろんな物を見られて、一緒に来た孫も満足したようだ」と笑顔で話した。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160901_15052.html
************************************************************
今年の夏祭りも終わりましたね。今年は全く祭りを見に行けませんでしたが、来年は東北の夏祭りを見に行きたいものです。


栗原市民まつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 18:18| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。