2017年01月25日

<川崎かまくらまつり>雪の遊び場 親子笑顔

川崎町にある国営みちのく杜の湖畔公園で、冬季恒例の「かまくらまつり」が開かれている。
 かまくらは高さが3.6メートル、大人が8人ほど入れる広さで特設会場に2基、ふるさと村に1基の計3基を設置した。山形県境近くの笹谷地区から雪を140トン以上運び、作った。雪の滑り台も設けた。
 雪遊びを楽しんだ一関市の幼稚園児高柳裕世ちゃん(5)は「かまくらは初めてで楽しかった。自分でも作ってみたい」と話した。
 まつりは2月26日まで。入園料は65歳未満410円、小中学生80円、65歳以上210円。連絡先は公園管理センター0224(84)5991。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170124_15050.html
************************************************************
冬は行きたくありませんが、国営みちのく杜の湖畔公園には夏に行きたいものです。どんな公園なのでしょうか。


湖畔公園かまくらまつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 17:49| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

<福島沖地震>松島かきまつり 無事開催喜ぶ

福島沖地震から一夜明けた23日、宮城県松島町磯崎で地元産カキを味わってもらう「松島大漁かきまつり」が開かれた。県内沿岸では、津波の影響でノリの養殖施設などで流失被害があった。松島湾でも津波が観測されたが、カキの養殖施設に大きな被害は確認されておらず、漁業関係者は「開催できてよかった」とほっとした表情を見せた。
 県漁協松島支所では地震が発生した22日、午前中はカキむきをいったん中止し、津波警報の解除を受けて午後に再開した。23日は午前5時に作業を始め、まつりで販売するカキを用意した。
 カキ料理の無料試食コーナーには100人を超える列ができた。先頭に並んだ仙台市の佐藤美津子さん(63)は「毎年楽しみにしている。今年もおいしそう」と笑顔を見せた。
 津波を伴う地震の翌日だけに、開催しているかどうか半信半疑のまま来場した人もいたという。
 県漁協松島支所運営委員長の高橋幸彦さん(62)は「予定通り開催できてよかった」と喜ぶ一方、「もう少しお客さんが来ると思ったのだが、やはり地震が影響したのかもしれない」と話した。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161124_13023.html
************************************************************
大きな被害がなくてよかったですね。千葉でも結構揺れたので朝から驚きました。まだ早い時間だったので寝不足になり一日体調が悪くて困りました。


松島大漁かき祭りin磯島
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 10:22| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

<桂島牡蠣まつり>移住者が奔走 一転存続ヘ

担い手不足でいったん中止が決まった宮城県塩釜市桂島の「桂島牡蠣(かき)まつり」が、島で漁業を始めた移住者の原動力で20日に開かれることになった。新米漁師の精気が地域を動かし、ベテランの協力で地場産業の衰退ムードに歯止めをかける。
 牡蠣まつりは、宮城県漁協桂島石浜カキ部会が2008年から毎年11月に実施してきた。東日本大震災があった11年も開催し、島の復興や活性化を象徴するイベントになっていた。
 今年のまつりの中止は9月に決まった。高齢化などで養殖漁家が昨年の8から5に減り、人手が足りなくなった。島の復興を支援する二つの大学が、学生ボランティアの派遣をやめたのも大きい。悪天候で昨年、来場が減ったのも響いた。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161115_13016.html
************************************************************
お祭りが中止になる原因の多くは人手不足のようですね。なんとかこれを解消する手立てはないものかと。お祭り支援サイトでも立ち上げて困っているお祭り主催者の方が人材募集を無料でできるようにしてみようかな。


桂島牡蠣まつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報

posted by kinnki2008 at 14:43| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

<薬師まつり>「北の方」御一行 商店街に

 宮城県栗原市築館の晩秋を彩る薬師まつり(実行委員会主催)が3日、同地区の中心商店街などであり、きらびやかな衣装に身を包んだ行列が平安絵巻を再現した。
 ミスしづはた姫に選ばれた同市金成出身の会社員飯田彩織さん(27)が藤原秀衡の妻「北の方」に扮(ふん)し、馬に乗った武将役らと共に出発。沿道には大勢の市民が詰め掛け、手を振ったりしきりにシャッターを切ったりしていた。
 行列には躍動感みなぎるみこしや神楽、竜神踊りなどが続き会場をにぎわせた。同地区の農業阿部みつえさん(80)は「町が活気づいてうれしい」と話した。
 薬師まつりは京から平泉に向かう途中で病に倒れたしづはた姫が、築館地区の杉薬師如来に祈願したところ全快し、後に北の方となってお礼参りに訪れたとの故事が由来とされる。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161104_15015.html
************************************************************
薬師如来に祈願したことに由来するお祭りのようですね。それにしても京都から平泉まで何日くらいかかったのでしょうね。


薬師まつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報
posted by kinnki2008 at 11:27| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

<気仙沼産業まつり>巨大メカジキ鍋に舌鼓

気仙沼市産業まつりが23日、同市魚市場であった。昨年までのジャンボのり鉄火巻き大会に代わる目玉行事として、水揚げ日本一を誇るメカジキをアピールしようと「気仙沼メカジキ鍋」を1000人に振る舞った。
 直径2メートルの大鍋に、メカジキ25キロと同市などで栽培された南三陸ねぎやシメジを投入し、しょうゆ味で整えた。栗原市から家族で訪れた一迫小2年の石川怜央君(8)は「魚がおいしかった」と笑顔だった。
 会場には86の企業・団体がブースを設け、水産加工品をはじめ農産物や木工品など自慢の商品が並んだ。来場者が購入した海産物などをその場で焼いて食べられる「七輪広場」、炭火焼きサンマとすり身汁を提供する「市場で朝めし。」などのコーナーもあった。
 まつりは32回目。東日本大震災で魚市場が被災したため2011年は中止、12、13年は別会場で開かれたが、14年以降は魚市場に戻った。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201610/20161028_13039.html
************************************************************
水揚げ日本一を誇るメカジキをPRするイベントは良いですね。どうせならメカジキ料理づくしのお祭りにするともっと良いのではないでしょうか。


気仙沼産業まつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 11:33| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。