2017年06月16日

水戸のあじさいまつり 梅雨に彩り添え 白や青…アジサイ癒やす /茨城

水戸の初夏の風物詩である「水戸のあじさいまつり」が水戸市松本町の保和苑や周辺の史跡で開かれている。同苑では、白や青などさまざまな色のアジサイが咲き始めている。見ごろは今月下旬の見通しで、本格的な梅雨空に彩りを加えてくれそうだ。

 実行委員会によると、保和苑は約1・5ヘクタールの広大な敷地に、100種類約6000株が植えられている。

 1950年に保和苑に隣接する桂岸寺住職の妻が庭に生えていたアジサイを根分けしたのが始まりだという。

 例年より開花が10日ほど遅く、現在は3〜4分咲きの状態で、見ごろは今月下旬になる見込み。まつりは7月2日まで。入場無料。

 千葉市から来た梅川錦子さん(74)は「雨にぬれればもっと奇麗になる。この時期の癒やしになる」と喜んでいた。【杉沢京香】
https://mainichi.jp/articles/20170616/ddl/k08/040/157000c
************************************************************
今月下中が見ごろのようですから、近場でアジサイの名所の写真撮影にいかなければいけませんね。


水戸のあじさいまつり
茨城県祭り情報
全国祭り情報
茨城県花火大会情報
全国花火大会情報
茨城県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 15:11| 茨城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。