2017年05月18日

小栗まつり 「近代製鉄」にも着目 上野介しのぶ 21日高崎・東善寺で /群馬

江戸時代末期に幕府使節団の一員として渡米し、その見聞を基に日本近代化の礎を築いた小栗上野介忠順(こうずけのすけただまさ)をしのぶ「小栗まつり」が21日、高崎市倉渕町権田にある小栗の菩提(ぼだい)寺・東善寺(村上泰賢住職)で開かれる。今年は小栗が横須賀造船所(神奈川県)の建設とともに進めようとした「近代製鉄」にスポットを当てる。

 村上住職によると、江戸時代末期の幕臣だった小栗は、日米修好通商条約批准書交換のための使節団メンバー…
https://mainichi.jp/articles/20170518/ddl/k10/040/180000c
************************************************************
小栗上野介忠順はあまり知名度がないようですが、司馬遼太郎が小栗上野介のことを明治の父とよんでいるようなので、かなりの偉人のようです。


小栗まつり
群馬県祭り情報
全国祭り情報
群馬県花火大会情報
全国花火大会情報
群馬県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 18:26| 群馬県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。