2017年05月13日

いよっ! 名演 子供歌舞伎 お旅まつり開幕

二百五十年の歴史を持つ曳山(ひきやま)を舞台に地元の小学生らが歌舞伎を演じる石川県小松市の「お旅まつり」が十二日、開幕した。

 祭りは、橋(うはし)神社(浜田町)と本折日吉神社(本折町)の春季大祭として、江戸時代から続く伝統行事。今年は中町が悲恋の物語「神霊矢口の渡 頓兵衛(とんべえ)住家の段」、龍助町が忠臣蔵のサイドストーリー「玩辞楼(がんじろう)十二曲の内 義士外伝『土屋主税(ちから)』」を上演する。

 中町の初演では、着物やかつらを身につけた子供役者が登場すると「いよっ」「待ってました」と威勢のよい声が掛かった。主演のお舟が操り人形のように動く「人形振り」や、別の役者が見えを切る場面などでは盛大な拍手が送られ、出店に立ち寄った客も足を止めて見入っていた。

 十四日までの三日間で、中町は計九回、龍助町は計十回上演する。十三日には同市細工町交差点で、市中心部の八町が受け継ぐ曳山が勢ぞろいする「曳山八基曳揃(ひきぞろ)え」があり、両町が二回ずつ上演する。 (竹内なぎ)
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2017051302100012.html
************************************************************
これまで歌舞伎を演じた子供たちはどんな職業についてのでしょうね。歌舞伎の道に進んだ子供もいるのでしょうか。ちなみに歌舞伎の世界は一般の人でも入れるのかな?


お旅まつり
石川県祭り情報
全国祭り情報
石川県花火大会情報
全国花火大会情報
石川県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 14:07| 石川県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。