2017年04月03日

戦国武将に変身 道三まつりにぎわう

岐阜市の中心市街地一帯を会場にした岐阜まつり協賛「第45回道三まつり」(実行委員会主催)は2日、甲冑(かっちゅう)の着付け体験や芸術作品の公開制作など2日目のイベントが行われた。天候に恵まれ、約10万人だった昨年の倍以上の約21万人(主催者発表)の観客でにぎわった。1日と合わせた観客数は計約41万人(同)で、過去5年間で最多だった。

 道三まつりは、岐阜の町の礎を築いた戦国武将斎藤道三をたたえ、伊奈波神社の祭礼である岐阜まつりと併せて催されている。

 甲冑の着付けは、同市若宮町の歩行者天国の一角で開催。多くの親子連れらがよろいやかぶとに身を包み、模擬刀や弓矢を手にポーズを決め、記念撮影していた。

 織田信長の岐阜命名450年に合わせ、今年は着付けコーナーに織田家の家紋の入ったのぼりなどを立て、織田軍の陣地を模していた。姉と一緒に着付け体験をした岐阜市立三里小学校の4年生(9)は「本物の侍になったみたい」と笑顔を見せた。

 一方、同市の高島屋南商店街では芸術作品の公開制作「街丸ごと美術館」が開かれた。市民らは足を止めて写真を撮ったり、作品に見入ったりしていた。

 2年前から実施。空き店舗前の空間を活用し、県内外の芸術家15人が絵画や服飾などの作品を作っていた。

 縦180センチ、横360センチの巨大パネルに七福神を描いた多治見市の画家木全靖陛さん(40)は「筆さばきなど作品ができる過程を見てもらい、芸術に興味を持ってほしい」と話していた。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170403/201704030902_29353.shtml
************************************************************
2日間で41万人もの観客を集めるとは思った以上に大きいお祭りです。一度は見に行かないと行けませんね。来年行くことにするかな。


道三まつり
岐阜県祭り情報
全国祭り情報
岐阜県花火大会情報
全国花火大会情報
岐阜県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 10:41| 岐阜県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。