2017年03月31日

東京・神田で「春の古本まつり」始まる

古本の街として知られる東京・神田で恒例の「春の古本まつり」が始まりました。
春の古本まつりは毎年、この時期に神田で開かれ、ことしは70の古本屋が参加しています。

店が軒を連ねるおよそ500メートルの歩道には80台のワゴンが並び、文学や歴史の本、それに写真集など3万冊以上が売られています。

神田では秋にも古本まつりが開かれていますが、春は花見の行き帰りに立ち寄った人にも気軽に購入してもらおうと、数百円から1000円台の価格の古本を多く集めているということです。

訪れた人たちはワゴンの上に並んだ本を次々に手に取り、気に入った本を見つけると買い求めていました。

訪れた女子高校生は「最近、日本の近代文学に興味を持っているので来ました。おもしろそうな本がたくさんあって楽しいです」と話していました。

神田古書店連盟の佐藤龍さんは「花見と合わせて本の街を歩いて楽しんでほしいです」と話していました。

「春の古本まつり」は、4月2日まで開かれています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170331/k10010932351000.html
************************************************************
以前は毎日のように本を読んでいましたが、老眼のためい小さい字が読めなくなってもっぱらネットサーフィンだけになってしまいました。近い将来ips細胞で目が良く見えるようにならないものかな。


神田春の古本まつり
東京都祭り情報
全国祭り情報
東京都花火大会情報
全国花火大会情報
東京都バラ園情報


posted by kinnki2008 at 10:13| 東京都 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。