2017年03月12日

5月13、14日に大垣まつり 有料観覧席を新設

約三百七十年の伝統を誇る「大垣まつり」が五月十三、十四日に大垣市の中心部で開かれる。国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に「大垣祭の●(やま)行事」が登録されてから初めての開催となる今年は、臨時駐車場や有料観覧席を新設し、より多くの人に来場を呼び掛ける。

 十三日が「試楽(しがく)」で、十四日が「本楽(ほんがく)」。有料観覧席は、十三日午前中に掛芸が披露される市役所前に百九十席を設置。両日とも夕方からの「夜宮(よみや)」に合わせ、大垣八幡神社周辺にも百席を設ける。販売日程は未定。

 今年は初めて、市公設地方卸売市場(同市古宮町)に七百台分の臨時駐車場を設置。乗用車の駐車料金は一日五百円で、祭り会場までは無料送迎バスが運行される。

 昨年は二日間で計三十一万人の来場があった。大垣祭出●運営委員会の伊藤卓志郎委員長代行(65)は「ユネスコ登録で注目度が上がり、(●を持つ)十か町も今までとは意識が違ってきた」と話している。(滝田健司)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170312/CK2017031202000037.html
************************************************************
大垣祭りを見てその後、バラの開花にはちょっと早いけど、数年ぶりに花フェスタ記念公園のバラ園を見に行くかな。ということで5月中旬は岐阜旅行をすることにします。バスで最安2400円で行けそうです。(東京馬篭間)


大垣まつり
岐阜県祭り情報
全国祭り情報
岐阜県花火大会情報
全国花火大会情報
岐阜県バラ園情報







posted by kinnki2008 at 10:22| 岐阜県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。