2017年02月25日

ひな飾り大浦荘彩る いいづか雛のまつり [福岡県]

飯塚市内で開かれている「いいづか雛(ひいな)のまつり」の会場の一つ麻生大浦荘(同市立岩)で25日、ひな飾りの展示が始まる。今年のテーマは「日本一小さな座敷雛(びな)と筑前まり」で、座敷や廊下に筑前まりや座敷びななど計740点を展示する。3月5日まで。

 大正末期に建てられた大浦荘は、炭鉱経営などで財をなした麻生家の別邸。例年、春の雛のまつりと秋の紅葉の時期にのみ特別公開されている。

 筑前まりは明治時代から飯塚市に伝わるひな飾りで、モミを入れた袋に色とりどりの糸をまいて作る。座敷びなは2センチほどのおひなさまのほか、牛車、寺、蔵など計300点超を2畳弱のスペースに並べ、街を表現している。

 狭い炭鉱住宅でひな人形の代わりに飾っていた「ひな軸」や、昭和20年代の御殿飾り「福寿殿」などもある。担当者は「大浦荘の趣ある雰囲気と美しいひな飾りの融合を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

 午前10時〜午後5時(入場は同4時半まで)。観覧無料。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/310460
************************************************************
なるほど飯塚は炭鉱で栄えた町なのですね。かつては豪華な御殿が立ならんでいたのでしょう。


大蛇山まつり
福岡県祭り情報
全国祭り情報
福岡県花火大会情報
全国花火大会情報
福岡県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 15:43| 福岡県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。