2017年02月19日

紅白の花咲く梅まつり 高松・栗林公園で19日まで

梅の花が見頃を迎えている国の特別名勝・栗林公園(高松市)で恒例の「梅まつり」が18日開かれ、来場者は紅や白の愛らしい花を愛でながら春の訪れを楽しんだ。19日まで。

 公園内には「北梅林」と「南梅林」を中心に約170本の梅の木が植えられ、現在約120本が開花している。同公園観光事務所によると、今シーズンは例年より約1カ月早い12月下旬から、日本の原種に近い「野梅(やばい)系」と「紅梅系」が咲き始めたという。

 2月下旬から大きめの花を咲かせる「豊後系」の開花が始まり、見頃は3月中旬まで続く見込み。 

 紅梅と白梅合わせて約80本が植えられている北梅林では「梅見茶会」が行われた。友人らと初めて同園に訪れた高知県宿毛市の桑原みね子さん(67)は「梅の花のきれいさにびっくり。ゆっくり散策して梅を楽しみたい」と話した。

 19日も野だてのほか、スタンプラリーや梅をモチーフにした民芸品の展示(讃岐民芸館)、梅まつり限定ランチ(ガーデンカフェ栗林)などの催しが開かれる予定。
http://www.sankei.com/west/news/170219/wst1702190022-n1.html
************************************************************
高松まで梅見物とうどんを食べにさくっと旅行したいものです。LCCを使えば往復の旅費は1万円足らずですから。


栗林公園梅まつり
香川県祭り情報
全国祭り情報
香川県花火大会情報
全国花火大会情報
香川県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 14:20| 香川県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。