2017年02月19日

春の訪れ告げる香り…偕楽園「梅まつり」始まる

日本三名園の一つ偕楽園(水戸市)で18日、121回目の「水戸の梅まつり」が始まった。

 約100品種3000本のうち半数ほどが開花し、一足早い春の訪れを告げている。

 この日の水戸市は、午前10時現在の気温が5・6度と肌寒かったが、観光客らは見頃を迎えた早咲き品種の「八重冬至やえとうじ」や「八重寒紅やえかんこう」などにカメラを向けていた。栃木県小山市の女性(40)は「4回ほど来ているが、毎回違った梅の美しさが楽しめる」と話した。

 偕楽園公園センターによると、中咲きや遅咲きの品種もあり、全体の見頃は3月上旬から中旬という。まつりは3月末まで行われる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170218-OYT1T50049.html
************************************************************
もう2度ほど見に行っていますが、何度も行きたくなるほど魅力的とは言えないかもしれませんね。


水郷潮来あやめまつり
茨城県祭り情報
全国祭り情報
茨城県花火大会情報
全国花火大会情報
茨城県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 13:54| 茨城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。