2017年02月12日

天下の奇祭 大東大原水かけ祭り

岩手県一関市大東町で11日、伝統の水かけ祭りが行われ、男たちが水をかけられながら、目抜き通りを走り抜けました。
大東大原水かけ祭りは、江戸で起きた大火をきっかけにおよそ360年前、防火を祈る祭りとして始まりその後、厄除けなどを願う祭りとして、受け継がれてきました。今年は地元をはじめ全国から、282人の男たちが参加しました。開始時刻の午後3時の気温は1度。上半身裸の男たちは、見物客から大量の水をかけられながら、雄たけびをあげて目抜き通りを駆け抜けていきました。走り終えたあとも収め水をかけられた男たちは、完走した喜びを分かち合っていました。
http://news.ibc.co.jp/item_29316.html
************************************************************
夏ならともかくこの寒い2月に水をかけられるのは寒そうです。それなのに282人も参加するとはね。


大東大原水かけ祭り
岩手県祭り情報
全国祭り情報
岩手県花火大会情報
全国花火大会情報
岩手県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 15:43| 岩手県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。