2017年02月10日

「神男」へ8千人がもみ合い熱気 国府宮はだか祭 愛知

愛知県稲沢市の尾張大国霊(おおくにたま)神社(国府宮)で9日、伝統神事「はだか祭」があった。災厄を一身に引き受けるとされる「神男(しんおとこ)」に触れて厄を落とそうと、約8千人のふんどし姿の男らが激しくもみ合った。

 今年の神男は同県清須市の会社員、松岡武弘さん(30)。午後5時ごろ、神男が参道に登場すると辺りは熱気に包まれた。凍えるような寒さの中、水をかけられ体から湯気を上げた裸男が「ワッショイ、ワッショイ」と声を上げながら一斉に神男に殺到。1時間かけて神男が無事に儺追殿(なおいでん)に引き上げられると、大きな歓声が上がった。参拝客は約15万人(神社発表)だった。
http://www.asahi.com/articles/ASK294RP7K29OIPE00X.html
************************************************************
8千人が参加というのもすごいですが、参拝客15万人もすごい人出ですね。年々ふえているのかな?


国府宮はだか祭り
愛知県祭り情報
全国祭り情報
愛知県花火大会情報
全国花火大会情報
愛知県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 18:07| 愛知県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。