2017年02月06日

顔真っ黒でも笑顔すっきり 矢巾・実相寺スミつけ祭り

矢巾町煙山の実相(じっそう)寺(晴山弘俊(こうしゅん)住職)の奇祭、スミつけ祭り(実行委主催)は4日夜、同寺裏の観音堂で行われ、町内外の参加者約600人が顔に炭を塗り合って健康や家族の安全を祈願した。

 四百数十年前から続く地域の伝統行事。積み重ねたスギの枝の中にご神体を入れて点火し、炎が収まってから「消しスミ」を塗り合った。この日ばかりは無礼講で、年齢も知人他人も関係なし。参加者は無病息災や災難消除を願って顔を真っ黒くした。

 親子で訪れた盛岡市・見前小5年の男子児童は「顔がひりひりするくらい塗ってもらった。野球をもっと練習してヒットをたくさん打ちたい」と声を弾ませた。
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170206_2
************************************************************
これはまた風変わりなお祭りですね。参加してみたいようなみたくないような。


スミつけ祭り
岩手県祭り情報
全国祭り情報
岩手県花火大会情報
全国花火大会情報
岩手県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 17:30| 岩手県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。