2017年02月05日

田楽の伝統受け継ぐ祭り前に花がさ作り 岐阜 下呂

岐阜県下呂市で、ことしの豊作を祈る「田の神祭り」を前に、祭りで使う花がさ作りが行われました。
田の神祭りは、下呂市の森水無八幡神社で毎年2月14日に行われる豊作を祈る祭りで、中世以来の田楽の伝統を受け継いでいるとして、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
祭りでは、花がさを持った踊り子たちが組ごとに優雅な舞を奉納することになっていて、5日は、4つある組のうち3つの組で花がさ作りが行われました。作業では、竹で編んだ笠に紅白や黄色の和紙を丁寧いに貼りつけていきます。
飾りつけられた花がさには、稲や蚕が丈夫に育つようにという願いが込められているということです。
宮本笠組の奥田一成さんは「いよいよ祭り本番が近づき、みんなで力を合わせて作っていますが、祭りの当日がいい天気であることを祈っています」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170205/k10010865591000.html
************************************************************
豊作を祈る祭りは全国各地で行われているのでしょうね。ほかにどんなお祭りがあるのでしょう。と思ってぐぐってみたら祈年祭という旧暦二月四日に宮中で五穀の豊作を祈る神事があるようです。

田の神祭り
岐阜県祭り情報
全国祭り情報
岐阜県花火大会情報
全国花火大会情報
岐阜県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 17:20| 岐阜県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。