2016年11月13日

晩秋の夜を染める大松明 福島・須賀川で伝統の火祭り

巨大な松明(たいまつ)を燃やす伝統の火祭り「松明あかし」が12日、福島県須賀川市であった。

 竹の骨組みに、かやを編んで作られた松明は高さは6〜10メートル、重さ1トン以上。地元の神社から持ち込まれた御神火(ごしんか)で26本に点火されると、晩秋の夜空が赤く染まった。

 祭りは、400年以上前、伊達政宗に滅ぼされた須賀川城主を弔うために領民が始めたことが由来とされ、日本三大火祭りの一つとして知られている。(福留庸友)
http://www.asahi.com/articles/ASJCD5RT7JCDUQIP01W.html
************************************************************
日本三大火祭りのひとつとなると間違いなく見ごたえ十分なのでしょうね。でもこの時期の福島は寒そうですが、いつかは見に行きたいものです。


松明あかし
福島県祭り情報
全国祭り情報
福島県花火大会情報
全国花火大会情報
福島県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 15:32| 福島県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。