2016年11月09日

競技白熱 新記録も 柿の種、力強く発射 内子でまつり

富有柿(ふゆうがき)の栽培が盛んな愛媛県内子町大瀬地区の「柿まつり」が6日、大瀬商店街(大瀬中央)であった。「柿のたね飛ばし」が盛り上がり、大会新記録まで出た。
 口にふくんだ種を吹き出し飛んだ長さを競う。小さな女の子が「プッ」とかわいらしく飛ばして始まったのが、選手の年齢が上がるにつれて白熱し、種の発射音は「ブボッ」に変化していった。
 長い助走や勢いのある体のひねりを駆使し地元の学校長や郵便局長らが好記録をマーク。10.97メートルの大会記録を更新する13.69メートルを記録したのは大瀬自治センターの館長(48)。主催する実行委員会側としての出場だけに「すみません」と何度も頭をかいていた。
 大瀬地区の生産者(65)は「今年は長雨で量は少ないが味はいい」と出来栄えを話した。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201611074657
************************************************************
13.69メートルが記録ですか。私もやってみる?他の地区の柿祭りでも開催して日本一を競うと面白いかもしれませんね。


大瀬農業祭柿まつり
愛媛県祭り情報
全国祭り情報
愛媛県花火大会情報
全国花火大会情報
愛媛県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 15:53| 愛媛県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。