2016年10月29日

世界お茶まつり開幕 駿河区 ◆多彩な味わい方提案

魅力ある茶文化の創造を目指す「世界お茶まつり2016秋の祭典」(実行委員会主催、中日新聞東海本社後援)が二十七日、静岡市駿河区池田のグランシップで開幕した。お茶や関連商品を販売する見本市や世界各国の喫茶文化を体験する茶会などが繰り広げられる。三十日まで。

 開会式には茶業関係者ら約二百五十人が参加。世界お茶まつり名誉総裁の三笠宮家の彬子さまは三笠宮さまが亡くなられたため、欠席された。

 見本市会場の一つ、大ホールには約七十業者のブースが並んだ。日本茶を黒色を基調にしたシックな店構えで売ったり、ワイングラスで味わう楽しみ方を紹介したりと和風のイメージからの転換が目立った。

 世界お茶まつりは二〇〇一年から三年ごとに開かれ、六回目。今回は「O−CHAを愉(たの)しむ−O−CHAを五感で感じよう」をテーマに、お茶に音楽や器、食べ物を組み合わせて、お茶の楽しみ方を広げる提案に力を入れた。

 入場無料。時間は午前十時〜午後四時。問い合わせは実行委事務局=電054(202)1488=へ。(松本利幸)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20161028/CK2016102802000056.html?ref=rank
************************************************************
お茶好きな方にはたまらないイベントですね。そういう私はお茶を飲むのはペットボトルばかりですが、冬も近いので暑いお茶を飲むように玉露茶でも買ってくるかな。


世界お茶まつり 秋の祭典
静岡県祭り情報
全国祭り情報
静岡県花火大会情報
全国花火大会情報
静岡県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 11:40| 静岡県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。