2016年10月21日

牧水まつり 盗難被害で像ないまま開催 群馬・中之条

歌人・若山牧水(1885〜1928年)をしのぶ「第60回牧水まつり」が20日、群馬県中之条町の牧水詩碑前であった。詩碑上の牧水像は盗難被害に遭い、像がないままの寂しい開催となった。

 牧水は大正期に同町などの吾妻地方を訪れ、多くの歌を詠んだことから地元有志らが1957年、コンクリート像を設置。87年に銅像に変えたが、7月に盗んだ男らが売却してしまったことが判明している。

 今は詩碑上に、切断された足首から下の部分だけ生々しく残る。地元保存会は再建の募金を始めており、建立時期は未定だが、山本三男副会長は「今度は盗まれる危険性の少ない石像にする」。【吉田勝】
http://mainichi.jp/articles/20161021/k00/00m/040/107000c
************************************************************
銅像なので溶かして銅として売却したのでしょうか。こういうふざけたことをする犯罪者は終身刑にして2度と世間に出てきてほしくない。最近は仏像を盗む罰当たりも多いし、世界に比べtて平和な日本においても犯罪は毎日のように起きているようです。


牧水まつり
群馬県祭り情報
全国祭り情報
群馬県花火大会情報
全国花火大会情報
群馬県バラ園情報



posted by kinnki2008 at 11:00| 群馬県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。