2016年10月17日

播州姫路の豪快な技に歓声 灘のけんか祭り

「灘のけんか祭り」として知られる松原八幡神社(姫路市白浜町)の秋季例大祭は15日が本宮。同神社の西約1キロに位置する「御旅山」では、3基の神(み)輿(こし)が豪快にぶつかる「神輿合わせ」が繰り広げられ、桟敷席に陣取った見物客から何度も歓声が上がった。

 この日午前6時過ぎ、神社からほど近い白浜海岸に、今年の祭りを取り仕切る「年番」を務める中村地区の関係者が集まり、海で身を清める「潮かきの儀」に臨んだ。肌寒い夜明けの空気を切り裂くように、男たちは「一の丸」「二の丸」「三の丸」と書かれた神輿幟を押し立てて勢いよく海に入り、互いに海水をかけあって身を清めた。

 初めて参加したという小泉穂高さん(22)は「海水をあびて気合が入りました。本番では中村らしく神輿を担ぎます」と力強く語った。

 同神社の境内などを練り歩いた後、中村地区の男衆が担ぐ神輿が「御旅山」ふもとの練り場に到着したのは午後2時過ぎ。山の斜面に設けられた桟敷席を埋め尽くした見物客を前に、砂煙を上げながら神輿をぶつけあい、観客のどよめきを誘った。

 祭りに参加する神社周辺7地区のひとつ、宇佐崎地区に住む伊勢田悠斗さん(11)は「見ていても面白かったけど、何年かしたら自分も神輿をかつぎたい」と意気込んだ。
http://www.sankei.com/west/news/161016/wst1610160036-n1.html
************************************************************
お祭りもこれからは見るだけでなく参加できるようにすると良いかもしれませんね。観光客でも一定の研修を受けると神輿を担ぐことができるなんていうお祭りがあると良いのですが。何しろ私自身は神輿を担いだことがないわけで、今後もなそうなので。


灘のけんか祭り
兵庫県祭り情報
全国祭り情報
兵庫県花火大会情報
全国花火大会情報
兵庫県バラ園情報




posted by kinnki2008 at 14:35| 兵庫県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。