2016年09月27日

一円電車まつりで昭和の町並み再現へ 明石高専生

兵庫県養父市大屋町明延で10月2日にある「あけのべ一円電車まつり」で、明石工業高等専門学校(明石市)の学生たちが、昭和期の町並みを再現する展示を企画している。住民や家屋を描いたパネルを町中に置き、来場者に明延鉱山でにぎわったころの雰囲気を伝える。

 まつりでの展示は、建築学科の工藤和美教授(48)が但馬の地域資源を研究している縁で昨年、始まった。明延では閉山後、建物の取り壊しや空き家の増加が急速に進み、町の様子が大きく変わっており、1年目は実際に建物があった場所にパネルを置くことで、往時の暮らしぶりを振り返った。

 今年は同学科で景観や環境を専攻する学生11人が携わり、新たに住民や鉱山労働者らを描いたパネル12枚を追加する。18、19日には、学生9人が同町明延に泊まり込んで制作に打ち込んだ。閉山前の写真を参考に、耐水性の紙に人物の絵を印刷して断熱材に貼り付け、切り抜いた。

 5年の女子学生(20)=西宮市=は「人のパネルで去年より楽しげな様子が増した。多くの人が明延について知ってくれれば」と話す。(那谷享平)
http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201609/0009527925.shtml
************************************************************
昭和期の町並みを再現とは良いですね。かなり人気になるのではないでしょうか。平成より昭和の頃のほうが良かったと思うのは私だけ。私はネット等が進歩しすぎてついていけません。


一円電車まつり
兵庫県祭り情報
全国祭り情報
兵庫県花火大会情報
全国花火大会情報
兵庫県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 09:31| 兵庫県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。