2016年09月26日

3万個 当たりアリ 「みのり祭り」で餅まき 浦幌

「第41回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が25日午前10時から、うらほろ森林公園で開かれた。“日本最大級”3万個の餅まきなど、お目当ての催しに管内外から家族連れなどが詰め掛け、秋の味覚を楽しんだ。

 地元産のジャガイモ、カボチャなどの農産物や、カジカ汁など海産物のコーナーもにぎわい、来場者が次々と買い求めた。

 餅まきは2回行われ、1回目は午前11時すぎ、水沢一広町長らが高さ4メートルほどのやぐらの上から、秋サケなどの当たり券が入った餅をまいた。帯広市から両親、妹と訪れた帯広柏小4年(10)の女児は「餅まきが楽しみで来た。昨年は9個取れたから今年もたくさん取りたい」と張り切っていた。

 午前の歌謡ステージでは、浦幌町出身の野口笑美子さん、廣川冠太さんが熱唱した。
http://www.tokachi.co.jp/news/201609/20160925-0024793.php
************************************************************
3万個の餅まきとは楽しそうなイベントですね。しかも当たり券あるとは。このイベントは他のお祭りでも取り入れると良いですね。3万個だとどのくらいの費用がかかるのでしょうか。まあどちらにしろ花火よりも安上がりかな。


うらほろふるさとのみのり祭り
北海道祭り情報
全国祭り情報
北海道花火大会情報
全国花火大会情報
北海道バラ園情報


posted by kinnki2008 at 15:17| 北海道 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。