2016年09月25日

乗り物の共演楽しむ 若桜駅で「のりものまつり」

鳥取県内の公共交通3社(若桜鉄道、日本交通、日ノ丸自動車)がタッグを組んだ初のイベント「鳥取・若桜谷のりものまつり」が24日、若桜町の若桜駅で開かれた。路線バスや町営バスが勢ぞろいしたのをはじめ、SLトロッコやミニバスの乗車体験などがあり、大勢の来場者が乗り物の共演を楽しんだ。

「バスの乗り方教室」で鈴木さん(左)の説明を聞く来場者ら=24日、若桜町の若桜駅前駐車場
 “ライバル関係”の垣根を越えて、過疎化が進む地域を交通で元気にしようと、実行委員会(委員長・沢耕司日本交通常務)を組織して開催。複数の鉄道・バス会社が共同イベントを開くのは珍しいという。

 会場には、岩美町の「ボンネットバス」などバス5台と、UD(ユニバーサルデザイン)タクシーが登場。公共交通機関を利用する機会の少ない人のために開かれた「バスの乗り方教室」では、交通ジャーナリストの鈴木文彦さんが、基本の乗り方や車いす利用者が乗降するためのバスの工夫などを詳しく説明した。

 本物のバスの座席やハンドルが取り付けられたミニバス乗車コーナー、鉄道やバスグッズの中古品販売ブースもあり、家族連れやマニアの人気を集めた。

 同町の小林昌司町長は「地域と交通が手を取り合って取り組んでいく一つの足掛かりになれば」と期待。同鉄道の山田和昭社長は「まずはなじんでもらうことが大切。継続して取り組みたい」と意気込んだ。(渡辺暁子)
http://www.nnn.co.jp/news/160925/20160925006.html
************************************************************
これは良い取り組みですね。地域活性化のために協力しあえるものはどんどん協力すべきでしょう。のりものマリアは全国にたくさんいますので、こういうイベントは他の地区でもやるべきでしょうね。問題はどうPRするかでしょう。当ブログも一役買います。のりものイベントどんどん開催して〜〜〜。


若桜谷のりものまつり
鳥取県祭り情報
全国祭り情報
鳥取県花火大会情報
全国花火大会情報
鳥取県バラ園情報




posted by kinnki2008 at 14:24| 鳥取県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。