2016年09月12日

高知県須崎市の「ご当地キャラまつり」大もて 初日4.5万人

全国のご当地キャラクター約110体が集まって、「第3回ご当地キャラまつりin須崎」が9月10日、高知県須崎市桐間南の桐間多目的公園で始まった。愛くるしいキャラを一目見ようと県内外からファンや家族連れらが続々と訪れ、初日は延べ約4万5千人(主催者発表)でにぎわった。11日まで。 

 午前9時の開始前から大勢の来場者が詰め掛ける盛況ぶりで、参加キャラと歌手の石田洋介さんによる歌と踊りのステージで盛大に開幕した。キャラは順番に舞台に上がり、ご当地のPRや軽妙なトークで盛り上げた。

 会場にはグッズ販売など約80のブースが並び、各キャラが歩き回って握手や写真撮影に応じた。須崎市の「しんじょう君」も人だかりができる人気で、「かわいい!」「こっち向いてー」と歓声が上がっていた。

 初参加の「ふなっしー」(千葉県船橋市)らによるトークステージには、約5千人もの観衆が集まった。得意のジャンプや決めぜりふ「梨汁ブシャー!」で会場を沸かせたふなっしーは「温泉が最高で、おいしいカツオ食べたなっしー」と高知の印象を話していた。

 高幡地域のご当地グルメなどを販売する出店も並び、来場者が舌鼓を打った。ふなっしーのファンで、初めて高知を訪れたという埼玉県加須市の公務員、遠藤悠子さん(39)は「キャラのトークとかがすごく楽しい。地元の鍋焼きラーメンも食べてみたい」と満喫していた。

 「キャラまつり」は須崎市や市内の商工関係者らでつくる実行委員会が開催。中四国で最大規模のキャライベントで、2016年は奥四万十博の関連イベントにもなっている。
https://www.kochinews.co.jp/article/48241/
************************************************************
ゆるキャラなんてもう終わったと思っていたのですが、予想外に集客力があるようです。特にふなっしーの人気はまだあるんですね。人工2万5千人の須崎市で土曜日に4万5千人も集まるとはびっくりしました。


ご当地キャラまつりin須崎
高知県祭り情報
全国祭り情報
高知県花火大会情報
全国花火大会情報
高知県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 11:47| 高知県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。