2016年09月05日

水戸・偕楽園で萩まつり スズムシ1万匹を放虫

水戸市の偕楽園で四日、「水戸の萩まつり」に合わせて約一万匹のスズムシを放つイベントがあった。参加者約五十人の手でハギの木に放たれたスズムシは早速「リーン、リーン」と涼しげな音色を園内に響かせていた。
 同園のスズムシ放虫は一九七二年から始まり、二〇〇〇年からは笠間市の「岩間すずむし同好会」の中村彦蔵会長(73)が自宅で飼育したものを無償提供している。中村会長が運んできた衣装ケース十二個の中には体長二センチほどのスズムシがぎっしり。参加者は、スズムシが止まる木の板をハギの根元に持っていき、板から振り落とすようにしながら次々と放していった。
 一家四人で放虫に初参加した水戸市東野町の会社員木村達也さん(39)は「貴重な体験ができた。すぐに鳴き声が聞こえ感動した」と話した。虫が大好きという長女芽依さん(9つ)は「スズムシは初めて見たけれど、とてもかわいかった」と目を輝かせていた。
 萩まつりは二十日まで。期間中は閉園時間を午後九時に延長し、夜間は約七百五十株のハギをライトアップする。十八日は「月見の会」として、茶会や日本舞踊、和楽器演奏などの催しを予定している。 (成田陽子)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201609/CK2016090502000189.html
************************************************************
一万匹のスズムシってどのくらいの費用がかかるの?と思ったら無償提供する人がいると知ってまたびっくり。いつか偕楽園にスズムシの音色を聴きに行きたいものです。


水戸の萩まつり
茨城県祭り情報
全国祭り情報
茨城県花火大会情報
全国花火大会情報
茨城県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 13:40| 茨城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。