2016年09月04日

3日から矢部の八朔祭 大迫力「大造り物」11基、町内練り歩く [熊本県]

五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する伝統祭り「矢部の八朔祭(はっさくまつり)」が、3日(土)と4日(日)、山都町の浜町商店街一帯で開かれる。竹や杉といった自然の材料で造った大迫力の見せ物「大造り物」の引き回しは4日午後1時からスタート。そろいの法被を着た参加者たちが11基の大造り物とともに練り歩き、町中を祭り一色に染める。

 3日午後3〜8時は、北海道富良野市や福島県本宮市など全国8市町村の特産品を販売する「全国へそのまち観光物産展」を開催する。

 国指定重要文化財の石造りアーチ水路橋「通潤橋」周辺で4日午後7時半から、祭りのフィナーレを飾る花火大会もある。通潤橋は、熊本地震で石の接ぎ目のしっくいが破損し漏水するなどの被害に遭ったため、例年実施している特別放水のイベントは中止する。

 祭実行委員会=0967(72)1158。当日の問い合わせは祭本部=0967(72)1839=へ。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto/article/271589
************************************************************
山都町は地震の被害はあまりなかったようですね。大造り物を毎年作るのは大変な労力がかかるのでしょうけど、どのくらいの時間がかかるのでしょう。


矢部の八朔祭
熊本県祭り情報
全国祭り情報
熊本県花火大会情報
全国花火大会情報
熊本県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 15:20| 熊本県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。