2016年09月04日

全国こけし祭りきょう開幕 大崎・鳴子

第62回全国こけし祭りが3、4の両日、宮城県大崎市鳴子温泉の鳴子小体育館をメイン会場に開かれる。開幕に先立ち、コンクールの審査が1、2日にあり、入賞作品32点が決まった。
 東北6県を中心に74人の工人から計278点の応募があった。最高賞の文部科学大臣賞(全国こけし祭り会長賞)には福島市の土湯系工人、阿部国敏さん(43)、河北新報社賞には新庄市の鳴子系工人、小林繁男さん(62)の各作品が選ばれた。
 阿部さんは初受賞。作品は「表情の凝縮度が申し分なく、大きめの頭部から胴体への流れる展開も美しい」と評価された。
 祭りでは、全国から寄せられたこけし約3000点を展示、即売する。鳴子漆器展も同時開催する。コンクールの主な入賞者は次の通り。(敬称略)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160903_13048.html
************************************************************
3000点を展示、即売ってすごいですね。3000点をすべてみるだけでかなりの時間がかかりそうです。


そら豆まつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 15:07| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。