2016年09月03日

彦八まつり 基本に返り「手作り感」を 屋台を落語家が切り盛り、文枝さんお手前も あすから /大阪

上方落語協会の年に1度のファン感謝イベント「彦八まつり」が3、4日、生国魂神社(大阪市天王寺区、地下鉄・谷町九丁目駅、近鉄・大阪上本町駅下車)で開かれる。今年は笑福亭三喬さんが実行委員長を務め「落語家の文化祭という基本に立ち返る」と話す。

 今年で26回目。毎年約10万人が訪れる人気のお祭りに成長したが「大きくなりすぎた」と三喬さん。落語家による手作りの祭りという原則を重視し、約40の屋台はプロの飲食業者を排して、落語家が切り盛りするよう徹底した。

 1月に亡くなった桂春団治さんの追悼落語会(3日午後5時)や、泥棒が出てくる噺(はなし)が十八番(おはこ)の三喬さんが出演する「泥棒特集落語会」(4日午後1時)など4公演が境内の「参集殿」である。4日正午からは綱引き大会を初めて開催。3日午後3時半と4日午後1時には、NHKの大河ドラマ「真田丸」で千利休を演じた桂文枝さんがお点前を披露する。熊本地震の復興支援のため、熊本県PRキャラクター、くまモンの落語家風グッズを販売するほか、くまモンも登場する。【山田夢留】
http://mainichi.jp/articles/20160902/ddl/k27/200/431000c
************************************************************
落語家が切り盛りする屋台というのがユニークですが、味は値段は?気になります。今年は行けませんが来年見に行くかな。


彦八まつり
大阪府祭り情報
全国祭り情報
大阪府花火大会情報
全国花火大会情報
大阪府バラ園情報
posted by kinnki2008 at 11:37| 大阪府 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。