2016年08月27日

吉田の火祭り 夏の富士、名残惜しむ

富士山の夏山シーズンの終わりを告げる「吉田の火祭り」が26日夜、山梨県富士吉田市内であった。国道沿いの約2キロに立てられた高さ約3メートルのたいまつ87本に次々に火がともされ、県内外から訪れた約16万人(主催者発表)が空を焦がす炎に見入った。

 約400年前から続くと伝わる、日本三奇祭の一つ。みこしが街を練り歩いた後の午後6時半、たいまつに点火され、周囲の家々も小さなたいまつに火を入れていった。富士のふもとの街は、行く夏を惜しむ送り火のようなたいまつが深夜まで炎を上げた。【小田切敏雄】
http://mainichi.jp/articles/20160827/ddm/001/040/150000c
************************************************************
16万人も集客力があるとはびっくりです。皆日帰り客かな?そんなに泊まれる宿泊施設はないはずなので。そうそう春に吉田に行ったときに食べた名物の吉田うどんは、すごくまずかった。ここ数年間で、期待はずれ度ナンバーワンの食べ物です。


吉田の火祭り
山梨県祭り情報
全国祭り情報
山梨県花火大会情報
全国花火大会情報
山梨県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 11:44| 山梨県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。