2016年08月17日

火つけたワラ束ぐるぐる…伝統の火祭り始まる

国の選択無形民俗文化財に指定されている群馬県南牧村の伝統行事「大日向の火とぼし」が14日夜、同村大日向地区で始まった。

 県内最大級の火祭り。地元住民が橋の上で、火をつけた小麦のわら束をぐるぐると振り回すと、闇夜に炎の大輪が浮かび上がった。50年以上参加している岩井寿男さん(76)は「回すコツは、わら束が下がる時に力を入れること」と語った。15日も行われる。

 南牧村は過疎化が進行している。同地区に住む前村長の市川宣夫さん(68)は「高齢者が増え、年々運営は厳しくなっている。地域おこし協力隊など様々な人の協力を得ながら続けていきたい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160814-OYT1T50103.html
************************************************************
地域おこし協力隊?と思って調べてみたら50歳以下なので私は対象外でしたが、地域おこしには私も参加してみたいものです。常駐ではなく短期間であれば協力できるのですけどね。


大日向の火とぼし
群馬県祭り情報
全国祭り情報
群馬県花火大会情報
全国花火大会情報
群馬県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 10:01| 群馬県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。