2016年08月06日

屋形船から復活新内節 大垣・水都まつりで16年ぶり

浄瑠璃の新内節を屋形船で披露する「夕涼み新内」が五日、大垣市東外側町の水門川であった。四日から市中心市街地で開かれている水都まつりでの演奏は十六年ぶり。新内節は二百六十年ほど前に豊後節から派生した浄瑠璃の一流派。この日は新内節三味線の人間国宝・新内仲三郎さんと長男の剛士さんのほか、今回が初舞台となる新内節歴一年の山田花子さんと細井一さん=ともに大垣市=らが出演。二百人を超す人が見守る中、稽古を積んだ声と三味線の音が屋形船の回りに広がった。

 会場近くの料亭「四鳥」の津谷秀次郎社長によると、水都まつりでの新内節は、二〇〇六年に六十八歳で亡くなった二代目おかみ津谷征子さんが、仲三郎さんに師事していた縁で一九八八年ごろに始まったが、征子さんの体調不良などから二〇〇〇年に途絶えていた。 (吉本章紀)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20160806/CK2016080602000024.html
************************************************************
浄瑠璃の新内節を屋形船で披露とは粋なイベントですね。大垣の町はいつも屋形船で観光できるところなのでしょうか。たまには屋形船に乗ってみたいものです。今度大垣に御朱印集めに立ち寄った時は利用してみたいものです。


水都まつり
岐阜県祭り情報
全国祭り情報
岐阜県花火大会情報
全国花火大会情報
岐阜県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 10:44| 岐阜県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。