2016年08月05日

美しい太夫に目が釘付け すすきの祭り始まる

第52回すすきの祭り(すすきの観光協会主催)が4日、札幌・ススキノで開幕し、あでやかな着物姿の太夫ら約50人が練り歩く「花魁(おいらん)道中」が行われた。

 花魁道中は明治に東京の花魁が札幌に招かれた際に行ったのが由来で、1984年から毎年行っている目玉行事だ。一行は歩行者天国となったススキノの目抜き通り約400メートルを、1時間半かけてゆっくりと歩いた。

 太夫役の女性2人は高さ30センチのげたを履き、八の字を描くような独特の歩き方を披露。札幌市中央区の主婦(71)は「ひっくり返らないか心配で、目が離せない」とすっかり魅了されていた。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0300962.html
************************************************************
北海道とはいえ真夏に花魁の衣装をきて練り歩くのはあまりにも過酷のような気がしますが、暑くないのでしょうかね。


すすきの祭り
北海道祭り情報
全国祭り情報
北海道花火大会情報
全国花火大会情報
北海道バラ園情報


posted by kinnki2008 at 19:38| 北海道 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。