2016年08月02日

<仙台七夕>まつりの前 街きれいに

仙台七夕まつり(6〜8日)に先立ち、仙台市内の企業グループなどがJR仙台駅の清掃やトイレの塗り直しなどのボランティアを行った。
 宮城県塗装工事業協同組合は7月23日、仙台市青葉区の桜ケ丘公園で、公衆トイレの塗装を新しくした。
 組合加盟業者の従業員4人が建物内外の壁や天井をきれいに塗り直した。「観光客や帰省客に気持ちよくトイレを利用してもらいたい」と沼崎明理事長。組合の塗り直し活動は1989年から。今年は中田中央(太白区)、桂中央(泉区)の両公園でも実施した。
 電線などの埋設工事を請け負う市内の5社でつくる「県内地中化受託事業連絡協議会」は同30日、仙台駅周辺で清掃活動をした。従業員とその家族ら約150人が参加。仙台駅西口のペデストリアンデッキや広瀬通、青葉通などに落ちているごみを拾い集めた。
 ペデストリアンデッキを担当した富谷町の熱海丈和さん(43)は「たばこの吸い殻が意外に多い。小さなごみでも片付けると気持ちがいい」と笑顔を見せた。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160731_15046.html
************************************************************
日本中から観光客が集まるお祭りなだけに、地元の方たちの力が入りますね。始まる前より終わった後のほうが汚れていると思うのですが、終わった後も清掃活動をするのでしょうか?


仙台七夕まつり
宮城県祭り情報
全国祭り情報
宮城県花火大会情報
全国花火大会情報
宮城県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 09:55| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。