2016年07月31日

花火4000発 洞海湾彩る 若松みなと祭り 31日まで [福岡県]

若松恒例の夏祭り「若松みなと祭り」(若松まつり行事協賛会主催、西日本新聞社など後援)が30日、開幕した。初日は関連行事の「くきのうみ花火の祭典」があり、若戸大橋が架かる洞海湾で約4千発の花火が打ち上げられた。祭りは31日まで。

 花火大会は今年で31回目。午後8時すぎ、大輪の花火が夜の洞海湾を彩ると、若松・戸畑両区の両岸から歓声が上がった。フィナーレは、橋に仕掛けられた長さ約260メートルの「ナイアガラ」。巨大な滝のように降り注ぐ“光のカーテン”に、観客は大喜びだった。

 今年から祭りの日程を3日間から2日間に短縮。例年、2日目に催されていた郷土芸能「五平太ばやし」の競演会もこの日あり、地元の18チームが日頃磨いた腕を競い合った。

 約1700人がたいまつを掲げて高塔山を登る31日午後7時からの「火まつり行事」で、みなと祭りを締めくくる。荒天の場合は中止。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/262702
************************************************************
これまで3日間行われていたお祭りを2日間にしたのにはどういう理由があったのでしょうね。ちょっと気になります。当ブログとしてはお祭りは年々盛んになってほしわけで、縮小や廃止は寂しいですから。


若松みなと祭り
福岡県祭り情報
全国祭り情報
福岡県花火大会情報
全国花火大会情報
福岡県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 10:45| 福岡県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。