2016年07月25日

龍頭がついた大船鉾に歓声 祇園祭・後祭に約10万人

京都市中心部で24日、祇園祭・後祭(あとまつり)の山鉾(やまほこ)巡行があった。夏空の下を華麗な装飾品に彩られた10基の山や鉾が都大路を進んだ。日曜日の今年は、一昨年に後祭が復活してから最も多い約10万人(京都府警発表)が沿道を埋めた。

 午前9時半、橋弁慶山を先頭に烏丸御池交差点を出発。17日にあった前祭(さきまつり)の巡行とは逆に、時計回りに大通りを練り歩いた。最後尾の大船鉾は、今年復元新調された高さ約2メートルの龍頭(りゅうとう)を船首に取り付けて登場。幕末の禁門の変(1864年)で焼失して以来約150年ぶりに姿を見せた龍頭の迫力に、観光客らが歓声を上げていた。(久保智祥)
http://www.asahi.com/articles/ASJ7S4CMYJ7SPLZB00Z.html
************************************************************
いつか祇園祭を1か月間楽しみたいものです。そのためには京都に引っ越すしかないかな。マンスリーマンションを借りる?


祇園祭
京都府祭り情報
全国祭り情報
京都府花火大会情報
全国花火大会情報
京都府バラ園情報



posted by kinnki2008 at 17:41| 京都府 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。