2016年07月24日

23年ぶり長浜総踊り 中心市街地のまつりで復活

長浜市の中心市街地で二十三日、二十三年ぶりに「長浜総踊り」が復活し、浴衣姿の市民ら五百人があでやかな踊りを披露した。

 総踊りは一九七四(昭和四十九)年に始まり、地域の夏の定番行事となっていたが、踊り手不足などで九三年を最後に途絶えていた。かつてのにぎわいを復活させようと長浜商工会議所などが企画。恒例行事だった「長浜ゆかたまつり」の名称を「長浜なつまつり」に改め再出発した。

 参加者たちは合図とともに一斉にスタート。地元に伝わる「長浜おどり」や県の伝統的な「江州音頭」の軽妙なリズムに合わせ、商店街内を一時間ほど踊り歩いた。

 市内の主婦漣(さざなみ)麗子さん(38)は「子どものころ踊っていたので、曲が流れたら体が自然に動きました。みんなの心が一つになるのがいいですね」とうれしそうだった。 (中村千春)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20160724/CK2016072402000019.html
************************************************************
衰退していくお祭りもあれば、改名して再出発するお祭りもあるようですね。私としてはお祭りが日本各地で年々盛んになってほしいと思うばかりです。お祭りを日本の観光資源として磨いてほしいものです。


長浜なつまつり
滋賀県祭り情報
全国祭り情報
滋賀県花火大会情報
全国花火大会情報
滋賀県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 14:59| 滋賀県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。