2016年07月23日

花火4000発、きょう織部まつり 土岐

約4000発の大輪を打ち上げる花火大会がメインの「炎の祭典第61回土岐市織部まつり」が、23日に市の各所で開かれる。市内の中高生や土岐青年会議所(JC)のメンバーも盛り上げに一役買っている。

◆落ち武者お化け屋敷セラトピア

 セラトピア土岐(土岐津町)では、地元の伝承をモチーフにしたお化け屋敷「恐驚資霊館(きょうおどしりょうかん)」が一日限りで開館する。

 市の文化や歴史について楽しみながら学んでほしいと、三年前に始まった。土岐JCメンバー五人が中心になり、毎回違うテーマで祭りに合わせて開く。

 今年の題材は、土岐津町に伝わる戦国時代の落ち武者の恨みを描いた「ふたまたの竹」。落ち武者を表現したマネキン、恨み殺された高齢の女性役などが登場する。

 来観者には先着で、市の昔話二十二話を収録した本「土岐の昔ばなし」(百二十八ページ)を配る。また、館内では妻木城跡(妻木町)や稚児岩(駄知町)など市の歴史や自然を紹介するパネル展示もある。

 入館料三百円。午前十時開館で午後六時半受け付け終了。 (篠塚辰徳)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20160723/CK2016072302000035.html
************************************************************
1日限りのお化け屋敷なんて面白そうですね。お祭りの日だけというのが希少価値があって良いかも。今日しか見られない究極のお化け屋敷って感じで。


土岐市織部まつり
岐阜県祭り情報
全国祭り情報
岐阜県花火大会情報
全国花火大会情報
岐阜県バラ園情報




posted by kinnki2008 at 10:47| 岐阜県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。