2016年07月23日

「カッタカタまつり」にぎやかに〜踊りの祭典に53連

須坂の夏を彩る「第39回須坂カッタカタまつり」は16日、中心市街地の駅前通りと国道403号を歩行者天国にしてにぎやかに開かれ、踊り手や観客ら大勢の人たちが繰り出した。前日には夕立があり、当日もかと参加者や関係者をやきもきさせたが、曇り空ながら雨が降ることはなく、踊りの祭典時の気温は25〜23度台、心地よい風が吹く絶好のコンディションの中で、老若男女が市民祭りを存分に楽しんだ。

 当日は午後3時半からおまつり広場がスタート。路上には食・衣類・雑貨などのフリーマーケットが52区画が並んで大にぎわいとなり、ダンスパフォーマンスでは子どもから大人まで13チームが、ステージパフォーマンスは和太鼓の松和会が日ごろの練習の成果を披露した。
 メーンイベントの踊りの祭典には昨年より2連多い53連(一般連46連、子ども連7連/申し込み人数は合計2,933人)が参加。市消防団のパレードに続いて、三木市長の開会宣言でスタート。正調須坂小唄や新須坂小唄に合わせて老若男女が練り歩いた。子どもや若い人たちは「カッタカタ」のおはやしに合わせて「それっ」と元気にジャンプ、パワーを爆発させていた。
 大休憩では恒例の竜みこしが繰り出し、昇竜太鼓の威勢のいい響きが祭り気分を盛り上げた。
 また、本部テントの一角では須坂市花火大会実行委員会がきょう23日に開く「須坂みんなの花火大会」のPRと募金活動を行い、踊り連の「ふれあい連」では市赤十字奉仕団と学生ボランティアが練り歩きながら東日本大震災と熊本地震の被災地支援の義援金を募った。それぞれ市民の協力に感謝している。
http://www.suzaka.ne.jp/news/?subaction=showfull&id=1469224832&archive=&start_from=&ucat=4
************************************************************
カッタカタというのはどういう意味があるのでしょうね。地元愛があるれるお祭りのようです。


須坂カッタカタまつり
長野県祭り情報
全国祭り情報
長野県花火大会情報
全国花火大会情報
長野県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 10:27| 長野県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。