2016年07月23日

秋も長浜曳山まつり ユネスコ登録へ盛り上げ

長浜市の春の風物詩、長浜曳山(ひきやま)まつりが、季節外れの今秋に再現される。十月二十九、三十日に市内で開かれる「日本の祭りinながはま2016」に合わせ、四つの山組が曳山を出し、舞台で子ども歌舞伎を演じる。春のまつり以外での四組上演は初の試みで、今秋に見込まれるユネスコ無形文化遺産登録に向けて機運を盛り上げる。

 まつり関係者でつくる長浜曳山祭ユネスコ無形文化遺産登録推進会議が「日本の祭り」の来場者や出演者に登録をPRしようと企画した。

 メインは三十日。本番さながらに「太刀渡り」と呼ばれる武者行列で幕を開け、今春のまつりで出番山だった翁(おきな)山、孔雀(くじゃく)山、常磐山、萬歳(ばんざい)楼が曳山博物館広場で歌舞伎を披露する。残りの山組も、博物館内や各山蔵の前で山車を公開する。

 二十九日には、通常は一人で演じる三番叟(さんばそう)の二人版や、おはやしの演奏、萬歳楼による子ども歌舞伎も繰り広げられる。

 まつりは、一九五四(昭和二十九)年に四組が交代で出演する今の形になった。

 現在は「春の風物詩」として定着しているが、戦後間もない頃までは秋に執り行われていた。同会議は「当時の季節感を感じながら、時代に思いをはせる機会にもなれば」と来場を呼び掛けている。 (渡辺大地)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20160723/CK2016072302000039.html
************************************************************
日本の祭りということは、色々なお祭りを見ることができるのでしょうか。秋は御朱印旅行をする予定ですが、長浜も目的地の一つにするかな。


日本の祭りinながはま
滋賀県祭り情報
全国祭り情報
滋賀県花火大会情報
全国花火大会情報
滋賀県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 09:52| 滋賀県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。