2016年07月18日

白山開山 喜び再現 白峰でまつり 泰澄行列、地区練る

奈良時代の僧、泰澄による白山開山をしのぶ「白山まつり」が十七日、同市白峰で始まり、泰澄行列が地区内を練った。

 泰澄行列は泰澄の帰還が遅れ、心配した村人が迎えに行ったところ、無事下山した泰澄と出会って喜んだ故事を再現した。主役の泰澄には泰澄が三十六歳で白山を開いたことにちなみ、地域内の同年男性から竹内悌二郎さんが選ばれた。

 旗、提灯を持った先導役に続き、泰澄大師が弟子やたいまつを持った村人役の住民を引き連れてまつり主会場の白峰温泉総湯前に到着。十カ月の長男爽汰ちゃんを抱いた竹内さんは大役を果たし、晴れやかな表情で特設舞台に上がった。

 泰澄の無事を知った村人の歓喜の踊りを起源とする「かんこ踊り」(県無形民俗文化財)の輪踊りや、踊り流しもあった。

 十八日は青年団員らが白山延命水山台をひいて、地区内を練り、延命水を振る舞う。 (松本芳孝)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20160718/CK2016071802000040.html
************************************************************
泰澄による白山開山とはどんなことを意味しているのでしょうか。と思って調べてみたら白山は古くから霊山信仰の聖地のようですね。一度訪れたいものです。その際には白山比盗_社で御朱印をいただこうとおもいます。


白山まつり
石川県祭り情報
全国祭り情報
石川県花火大会情報
全国花火大会情報
石川県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 12:27| 石川県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。