2016年07月04日

大内宿で半夏まつり みこし練り歩く

下郷町の国選定重要伝統的建造物群保存地区・大内宿の半夏(はんげ)まつりは2日、催された。
 平家に敗れた高倉宮以仁王(もちひとおう)を祭った高倉神社の祭礼。夏至から数えて11日目の半夏生(はんげしょう)に合わせて五穀豊穣(ほうじょう)などを願った。
 神社での神事に続き、みこしなどが出発した。子どもが引く屋台も加わり、総勢約150人の行列がかやぶき屋根の旧宿場町を練り歩いた。
 沿道に大勢の観光客らが詰め掛け、夏の訪れを告げる伝統行事を写真に収めていた。
https://www.minpo.jp/news/detail/2016070332476
************************************************************
半夏生とはあまりなじみがありませんが、夏至から11日目というのはどういう意味があるのでしょうね。


大内宿半夏まつり
福島県祭り情報
全国祭り情報
福島県花火大会情報
全国花火大会情報
福島県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 14:52| 福島県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。