2016年06月25日

梅雨 色づく杉木立 あじさいまつり開幕

一関市のあじさいの郷づくり推進会議が主催する「みちのくあじさいまつり」は24日、同市舞川のみちのくあじさい園で開幕した。早咲きのヤマアジサイなどが梅雨時の杉木立に彩りを添え、初日から多くの観光客らでにぎわった。7月25日までの期間中、約500種、約6万株が鮮やかに咲き誇る。

 同日は今季営業開始を祝うオープニングセレモニーが行われ、同会議の佐藤悦郎会長が「杉山にあるあじさい園は全国的にも珍しい。素晴らしい花ばかりなのでぜひ楽しんでほしい」とあいさつ。佐藤会長、伊藤達朗園主ら7人がテープカットし、地元の舞川幼稚園児が色とりどりの風船を空高く飛ばした。

 同園は約15ヘクタールの広大な杉林の中にあり、日本のアジサイの原種とされるヤマアジサイを中心に、つぼみが球形のタマアジサイ、遅咲きのセイヨウアジサイなど多彩な品種を植栽。コンペイトーのような珍しい花を咲かせる「カルミア」を植えたコースも整備し、アジサイと合わせて楽しめる。

 現在は、華やかな装飾花が中心を縁取るように咲く青色のクロヒメ、白から赤に色づき始めたクレナイ、純白のフジナデシコなどが見頃を迎えている。来園者は「雨の滴に花がぬれてきれい」「どれもかわいらしい」などと見入っていた。

 同幼稚園の齋藤日夏詩ちゃん(5)は「青い色のお花が好き。とてもきれい」と笑顔を見せた。

 伊藤園主は「例年より雨が少なかったため花は小ぶりだが、色づきは申し分ない。アジサイは毎日違う姿を見せる“変幻の花”。何度も見に来てほしい」と話している。

 入園料は大人800円、小人400円。開園時間は午前9時〜午後5時。7月3日には琴演奏会を予定している。問い合わせは舞川市民センター=0191(28)2111=、または一関観光協会=0191(23)2350=へ。
http://www.iwanichi.co.jp/ichinoseki/14680.html
************************************************************
あじさいの郷づくりはほかの地区でも実施してほしいものです。私の故郷の高知県でもあじさいをどんどん植えて観光客の集客に役立ててほしいものです。梅雨時はあじさいくらいしか集客力のあるコンテンツはないのですから。


みちのくあじさいまつり
岩手県祭り情報
全国祭り情報
岩手県花火大会情報
全国花火大会情報
岩手県バラ園情報



posted by kinnki2008 at 15:44| 岩手県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。