2016年06月23日

城下町をそぞろ歩き 「姫路ゆかたまつり」開幕

播磨の初夏の風物詩「姫路ゆかたまつり」(同まつり振興協議会主催)が22日、兵庫県姫路市塩町の城南公園周辺で始まった。雨が降るあいにくの空模様となったが、浴衣姿の親子連れら約1万5千人(主催者発表)がそぞろ歩き、城下町に彩りを添えた。24日まで。

 同市立町にある長壁(おさかべ)神社の伝統行事。江戸中期の姫路藩主榊原政岑(まさみね)が、庶民に浴衣姿での参拝を許したのが起源とされる。

 恒例の「子どもゆかたパレード」で開幕し、色とりどりの浴衣姿の子どもら約40人が練り歩いた。同神社周辺には約140の露店が並び、同市立白鷺(はくろ)小4年の女子児童(9)は「やっと浴衣を着ることができてうれしい。いろんな屋台を見て回りたい」と目を輝かせていた。(金 旻革)
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201606/0009212857.shtml
************************************************************
このお祭りは長壁神社の伝統行事なんですね。だから平日でも開催するというわけですか。金〜日に開催したほうが集客は多いと思うのですが、集客よりも伝統優先というのが良いですね。


姫路ゆかたまつり
兵庫県祭り情報
全国祭り情報
兵庫県花火大会情報
全国花火大会情報
兵庫県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 09:40| 兵庫県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。