2016年06月22日

大蛇に嫁入り 伝説再現 宇奈月で愛本姫社まつり

黒部市宇奈月町下立で二十一日、大蛇に嫁いだ娘の伝説を再現する「愛本姫社まつり」があった。

 下立地区には、黒部川にすむ大蛇に嫁いだとされる娘「お光(みつ)」の伝説が残る。地元住民らでつくる保存会が一九八八(昭和六十三)年から毎年六月二十一日に、伝説に基づいて婚礼行列を繰り広げている。

 今年の行列は、お光役を同町浦山の高校二年、三和優夏さん(16)、大蛇の化身である若侍役を下立青年団長、松本大輔さん(25)が務めた。

 若侍が、地元住民約七十人が扮(ふん)する侍や町人らとともに黒部川神社の鳥居前を出発。途中でお光が加わり、愛本姫社で婚礼を挙げた後、さらに愛本橋までを練り歩いた。

 保存会の長谷川勇会長(83)は「黒部川にまつわる素朴な伝説をずっと引き継いでいきたい」と語った。(伊東浩一)
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20160622/CK2016062202000040.html
************************************************************
大蛇に嫁いだとは不思議な伝説ですね。実際にはどういうことが起きたのでしょう。そもそもこの地区には大きな蛇はいるのでしょうか。


愛本姫社まつり
富山県祭り情報
全国祭り情報
富山県花火大会情報
全国花火大会情報
富山県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 09:40| 富山県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。